Life綴り ~風の光・花の音~

 身近な草花や、詩や音楽や美術展、日常事やハートで感じるスピリチュアルな話題等、幅広く織り混ぜて徒然に記します。

江戸人の暮らしの息遣い 鈴木春信展「名古屋ボストン美術館」にて

 

 

10月8日に閉館が決まっている名古屋ボストン美術館。

僅か20年での閉館は残念でなりません。

 

 

この名古屋ボストン美術館での、

”鈴木春信展”は一月で終了していますが、

現在は福岡市博物館で開催中です。(8月26日まで)

 

個人的にはとても魅力的な展覧会で、

魅了され、3度も出かけました。

(で、その感想が今頃?と遅すぎですが、

記事書きかけのまま、時がどんどん過ぎ・・・。(^-^;;)

 

 

鈴木春信展パンフレット表絵「梅の小枝を折り取る男女」

鈴木春信展 パンフ表:「梅の小枝を折り取る男女」

(1766年(明和3年)絵暦)

解説:右側に桃の一枝を手折ろうとする若衆、

左側にその様子を振り返るように見つめる娘が描かれ、

初々しい恋の予感、と。 

 

 

鈴木春信(1725~1770)は

錦絵創始期の第一人者として知られる浮世絵師です。

絵師としての活躍は10年余りの短い期間で、

絵師として人気絶頂の頃、病にて急死しています。

 

主題は若い恋人たちや、母と子、さりげない日常、

古典主題から発想された見立て絵、などで、

人物は柔らかな線で描かれ、

細い手足、何気なさげな動き、

どの絵にも見られる着物の繊細な揺らぎは特徴的で、

室内の様子であれば部屋の匂いや物音さえ聞こえそうで、

またどの絵からも、温かで穏やかなまなざしが感じられます。

 

 

(画像は配布パンフレットからの抜粋です。)

 鈴木春信:五常「智」

 五常「智」 1767年(明和4年) 

 

色鮮やかな錦絵です。

日常の中に見られる知性と教養。

 

五常は儒教による、人が常に守るべき徳目のことで、

絵は「仁・義・礼・智・信」の中の”智”とされる。

 

 

 

鈴木春信:「寄菊」

「寄菊」夜菊を折り取る男女

  1769-70頃(明和6年―7年頃)

 

 

 その画面は一見

甚だ清楚にして乱雑ならず、

常に軽く軟かき感情を与ふ。

----永井荷風【江戸芸術論】「鈴木晴信の錦絵」

 ~「名古屋ボストン美術館ニュース」2017NO62より~

 

↑見事に言い得ているかと・・・・。

 

 

鈴木春信:夕立

夕立 1765年、明和2年 (絵暦)

 

 

鈴木春信:見立孫康

見立孫康 1765年 明和2年 (絵暦)

 

絵暦は絵の中に暦が隠されています。

それを読み解くのが、江戸人の粋か・・・・・。

 

 

鈴木春信:浮世美人寄花

浮世美人寄花 笠森の婦人 卯花

1769年(明和6年)

明和の3美人と呼ばれる中の一人、

お仙が描かれています。

 

 

鈴木春信:八つ橋の男女(見立八つ橋)

八つ橋の男女(見立八つ橋)

1767年(明和4年)

伊勢物語の第9段「東下り」が想起される見立て絵です。

 

 

鈴木春信:風流江戸八景 駒形秋月

風流江戸八景 駒形秋月

1767年 明和5年

 

 

 

絵はどれも画面が小さいです。

江戸の人々はこれらの錦絵を手に持ったり、

土壁などに張ったりして楽しんだのだろうか?

当時の暮らしの様子に思いが行きます。

 

 

そうして窺い知れるのは、

江戸民衆の文化意識の高さや、

知的な遊び心を粋に持ち合わせた教養の高さ、

生活の質の良さのようなこと・・・・・・・・、

大江戸の文化資質に、舌を巻きます。

 

 

春信の浮世絵はほとんどが海外に有るため、

国内で、これだけまとまった数の展覧会を見られる機会は、

滅多にありません。

今回の展示の国内巡回は、現在の福岡が最後となっています。

興味があって、福岡に行かれそうな方、

この機会をお見逃しな~く。^^ 

 

 

 

 

 

f:id:hositohana:20180927203830g:plain ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

足跡代りに下記ボタンのどれかをクリックいただけますと、励みに成ります。

 ↓

web拍手 by FC2

 

  --  © 2016年  Life綴り ~風の光・花の音~  --