Life綴り ~風の光・花の音~

 身近な草花や、詩や音楽や美術展、日常事やハートで感じるスピリチュアルな話題等、幅広く織り混ぜて徒然に記します。

サードアイビジョン前半、UFOクルー? リサ・ロイヤルさんのコンタクト・リトリートにて②

 

前記事 からの続きになります。

 

 

お宿では、

富士山が見られるということで楽しみにしていましたが、

富士は遠く、お天気もあいにくでした。

雲に隠れる富士山

  遠くの富士山

 

7月に参加したリサ・ロイヤルさんの野外コンタクトリトリートでは、

興味深いビジョンが私のサードアイに展開しましたが、

それをブログ上に書くべきかどうかは迷うものがあります。

他人が見る幻のビジョンなど、所詮つまらないものですよね。^^: 

 

 

詳しくは控えることとして、概略のみ。

 

 

‥…━━━☆・‥…━━━☆・

 

 

時間になると、座禅ポーズで座りました。

場所は森の木々に囲まれた草叢です。

ブルーシートが敷かれていますが、その下の草の感触が心地良く、

草の匂い、土の感触、夜の闇、木々を揺らす風の音などに包まれ、

リサさんによる誘導瞑想が始まると 

安心して任せられるリサさん&スタッフさん達への信頼感も手伝ってか、

瞬く間に

その場に満ちる自然の気に溶け込むように、自分が消えました。

そしてサードアイにビジョンが現れています。(肉眼の方は閉じています。)

 

ビジョンは四シーンに、はっきり分かれていて、

ある意味、判りやすい展開でした。

 

 

シーン1

濃いブルーの空間が現れ、

その空間を、同じような色合いの濃いブルーの何かしらの影が、

(大きさは推定で、高さが40㎝ぐらいから1m前後ぐらい・・・・・、

けれど中には高さ2メートルぐらいに拡がった影もあったような・・・・。)

フワリフワリと浮かび、

楕円形であったり、変化形であったり、また薄くなったり濃くなったりしつつ、

私そして参加者全員の周りを、静かに取り囲んでゆくのが見えました。

 

 (保護サポート存在の現れ・・・・・・・濃いブルーはシリウス系の?)

 

 

シーン2 

ブルーの影の動きが安定したころ、

誘導瞑想では、ライトボディを覆う膜を取るために指を当てるという場面があったかと?

詳しい流れは覚えていませんが、

何にしろ誘導の言葉に従い、イメージのライトボディに、イメージの指を当てました。

 

すると、

何かがパーンと破裂し、

瞬時に、真っ白な空間が現れ、そこに同じく真っ白で非常に細かい霧状の光(粒子)が

前後左右上下関係なく、噴水のように、シャワーのように、吹雪のように、

激しく吹き付けてきます。

激しい、猛吹雪状態です。が、

気持ちは、とても安らかで心地良ささえ感じていました。

 

(真っ白な空間、真っ白な光シャワー・・・・・まるで浄化室のようですね。)

 

 

この状態が少しの間続きました。

そして場面がすっと変わり、

 

 

シーン3 

メタリックな輝きを放つ白い空間が現れました。

そこに、全身を真っ白なウエットスーツで包んだ、

長身ですらりとした(優しげな顔立ちの)存在が立ち現われ、

(性別は中性的~やや男性的)

両手で大きめの地図?のような、何かしら用紙状のものを広げて見つめています。

 

ライトボディの私が、あ、何してるの~と、駆け寄りますと、

親しげな様子で笑い合い、二人で地図?を覗き込んで笑顔で話し合っています。

話の内容は判りませんでした。が、

覗きこんでいた地図?は、どうやら多次元的な意味合いのものであるようでした。

ライトボディの私はそれについて知っているらしい様子でしたが、

こちら側の意識では理解しにくいもののようでした。

 

(UFOクルーの登場?・・・・・・この存在の呼び名らしい言葉が伝わってきましたが、

確証ではないので、秘密としますね。

人間と似た体型でした。未来人???)

 

 

この場面の時間は短く、

もしかしたら地上時間では2,3分以内だったかもしれません。

 

 

‥…━━━☆・‥…━━━☆・

 

 

その3に続きます。

 

 

 

 

  --  © 2016年  Life綴り ~風の光・花の音~  --