Life綴り ~風の光・花の音~

 身近な草花や、詩や音楽や美術展、日常事やハートで感じるスピリチュアルな話題等、幅広く織り混ぜて徒然に記します。

地底人からのメッセージ  宇宙人たちと協力し合って生きるには by ドロレス・キャノン

 

 

地底都市については、

レムリア関連やアトランティス関連等、いくつかの著書は目にするものの、

実感的にはまだまだ謎が多いですね。

というか、ほとんど謎ですね。 ^^

 

私の場合、何の理由もなく先に体験が起きてしまって、

理解がまるで付いて行けないという、いつもながらの困ったパターンで、

それらしい空間に吸い込まれた?的な、私にとっても謎の感性体験が、幾度か心当たりは有りますので、

どうやら地下都市が、SFではなく、実在 (この言葉で良いのかしら?) と捉えることが出来るようだと、

おぼろげながらですが、受け入れつつはあります。

ですが、今だおぼろげでしかない感性体験の範囲ですから、説明は出来かねます。

(夢だと言われれば、そうかもとしか言いようもなく・・・・・・・。)

 

 

が、私より何歩も何歩も先に行き、研究をされている方がたが、おそらく時の求めなのでしょう、

次々著書を出版されています。

このドロリスさんもそのお一人で、「この星の守り手たち」などの著書があります。

 

 

下記の動画は、こうしたメッセージ動画に日本語翻訳を付けてアップして下さっている

「地球人のためのスピリチュアルレッスン」様からお借りします。

興味深いメッセージと私的には思えました。

宜しかったららお時間のある際にゆっくり視聴なさってみてはいかがでしょう?

(※ 信じる信じないのご判断は、ご自身でご自由になさってくださいね。

そして、出来れば楽しみましょう。^^)

 

 

◇  ◆  ◇  ◆  ◇

 

 

「アトランティスの末裔地底人、そして宇宙人たちと協力し合って生きるには」

by ドロレス・キャノン

(2018年2月:追記

下に↓動画をリンクしていましたが、見られなくなりましたので、サイズを縮小しました。)

 ~ 一部転載 ~

アトランティス文明が滅亡した時、一部の生存者たちはエジプトやいくつかの都市に行きましたが、その他の者たちは地球内部へと移動しました。

地球内部一帯には、さまざまなトンネルがあり、交通機関で繋がった都市がたくさんあります。

中には時速4800キロの電車も走っていて、それらが都市と都市を結んでいます。

地球内部には太陽のようなもののあって、すべてを照らしています。

ですから、彼らには光もあり池もあり水もあり、必要なものはすべて揃っているのです。

そこには動物たちもいますが、それらは地球上にはいない種類の動物です。

 

  ~転載: 地球人のためのスピリチュアルレッスン 様より~

 

 

内容は、 

 

* 地下都市に住み続けるアトランティスの末裔たち

* 地球を見守るアトランティス人と宇宙人たち

* 地球人は霊的な能力を取り戻し、本質に立ち返ることが急務

* 地球に住む自然界のさまざまな精霊たち

* カルマを乗り越えようとしている地球

 

* おまけの動画 「地球救済のボランティア 3つのウェーブ」 

 

と続きます。

 

 

◇  ◆  ◇  ◆  ◇

 

 

私的には興味深く、楽しく、視聴させていただきました。^^

 

「地球人のためのスピリチュアルレッスン」様、日本語訳&ユーチューブへのシャアアップ、

有難うございます。^-^  

 

 

 

 

  --  © 2016年  Life綴り ~風の光・花の音~  --