Life綴り ~風の光・花の音~

 身近な草花や、詩や音楽や美術展、日常事やハートで感じるスピリチュアルな話題等、幅広く織り混ぜて徒然に記します。

バシャール、 ポジティブ列車の比喩

 

 

11月のある日のベランダで。

ベコニアの花の旬は過ぎていますが、

その花の最後の蜜を採取に来てくれた蜂さん。

 

f:id:hositohana:20180927180502j:plain

 

 

◇  ◆  ◇  ◆  ◇

 

 

Lineset151110 冬至が過ぎ、クリスマスデイを迎えつつある今日、

皆様、いかがにお過ごしですか?

 

このところ日常のあれこれで感情が乱れがちの私ですが、

バシャールのこのメッセージには

内容がシンプルで比較的平易なこともあって余計に、

ハッとさせられます。

------------------------------------------

貴方がポジティブ地球行きの列車に搭乗しているのか、もしくはネガティブ地球行きの列車に搭乗しているのかは、”今ここ”の貴方の”心のあり方”によって判断する事が出来るのを知ってください。

 

 

今はまだ行先が異なる列車を”見る”事ができますし、そこに搭乗する人たちとの交流もあるでしょう。しかしいずれは、貴方の住む世界と別の世界に住む人たちとの”接点”は薄く、途切れてゆくようになります。

 

どれだけ結果に拘らずにワクワクを遂行しているか、
どれだけハッピーでいるか、ここがポジティブ地球行きの列車に搭乗する”鍵”となるのです。

 

また、疑いや恐れで自己否定的になっている時の貴方は、ネガティブ行きの列車に乗り換えている事を意味しています。

 

セッカチで短気になる時の貴方もまた、ネガティブ地球行きの列車に搭乗しています。目の前にお年寄りや妊婦さんがいた時に心地よく席を譲れる心の状態の時、貴方はポジティブ列車に搭乗しています。

 

無条件の愛を行動に移す貴方は、もちろんポジティブ地球行きの列車に搭乗しています。その逆に、渋滞に巻き込まれて悪態を付いたり、クレームつける事に躍起になっている時の貴方は、ネガティブ車両に搭乗している事を意味しているのです。

 

このように、自分の心のあり方(ムード)をじっくり観察してゆく事で、どちら行きの列車に搭乗しているかを簡単に判断する事が出来るのです。

 

続きはこちらで↓

転載元  〜「スターシード達へ」ポジティブ地球行き 〜

------------------------------------------

 

 

心は変わりやすいものです

頭の中では、日々瞬間瞬間に何かを思考し、また各種、選択をし続けています。

伴い感情も常に変わり続けています。

 

その瞬間瞬間、自分がどの方向に向かっているのか?どの列車に乗っているのか?

上記のような比喩例があると、自分を観察しやすく、

列車選択の案内書代わりになるかもしれません。

 

とは言え、自分自身の心の動きを、

ネガティブかポジティブかを決めつける必要はないかと・・・・。

ネガティブな要素も自分の一部です。し、また、

ネガティブの中に気付きの重要なエッセンスが隠されていることもありますので、

単に除外したり目をそらすのではなく、

それを認め受け入れることも学びのプロセスとして大事ではないかと・・・・。

が、嵌まり込み、いつの間にかネガティブ地球行き列車の、常連” になって、

ポジティブ地球行き列車の切符を失うことに、

ならないようにしたいものですね。shine2

 

 

 

 

 

  --  © 2016年  Life綴り ~風の光・花の音~  --