Life綴り ~風の光・花の音~

 身近な草花や、詩や音楽や美術展、日常事やハートで感じるスピリチュアルな話題等、幅広く織り混ぜて徒然に記します。

空(そら)に思う & オリンピック、体操

 

 

今日の空、

ご近所にて。

 

f:id:hositohana:20180927222014j:plain

 

 

空が青いのは、何かしら嬉しいです。

 

 

その空が、

頭上にあるのではなく、

 

体という宇宙の内側に、

あるいは、自分がスピリットとして体から離れ、

地球や星々を、遠くの眼下に見下ろすこともあるということを、

感性上の体験で、

理由なく経験し、

説明不能な謎?という思いを持ちながら、

あるいは困りつつも、認識せざるを得なくなっている人は、少なくはないでしょう。

 

(と、この辺は一般的にはまだ超常体験や空想の部類に考えられているけれど、

何れはそうではなくなるのではないかと、私的には思っています。

そういう感性体験をする人も昔から有りであり、

またそういう人が増えているのも事実ではないでしょうか。)

 

 

空(そら)は、

遠くではなく実は体の中にある・・・・・・・・、

空に浮かんで見える雲も、私たちが住んでいる地球も、

月も、星々も、無限大の宇宙さえも・・・・・・・・・、

 

と、そういうことを認識するような感性体験をするのも

なかなか興味深く、面白いし、それはそれで良いけれど、

 

でもね、

空(そら)は、やっぱり普通に見上げてこそ、

楽しくないだろうか。

 

 

空(そら)は見上げるから空であり、

多くの希望を運んでくれ、あるいはインスピレーションをもたらしてくれる、

代えがたい、頭上の大海なのだと、

 

本日、36℃を記録した真夏の屋外で

汗をぬぐいながら、ふと空を見上げて、

ふいに、そんなことを思ったのでした。

 

 

空はやっぱり

白い雲がふんわり浮かぶ普通の空が良~い。 

 

 

※ 仏教や精神世界では、空を、空(くう)という読み方もしますので、

ここでは普通に空(そら)と読んでほしく、ふりがなを記載しました。

 

 

◇  ◆  ◇  ◆  ◇

 

 

ところで、

オリンピック、男子体操団体、金メダルおめでとうございます。

美しい体操、晴れやかな姿、喜びの声、嬉しさの輝き・・・・・・、

有・難・う。^^

 

追記

個人総合もおめでとうございます。

体操シロウト目には人間技とは思えないほど、お見事に見えまする。(^-^)