Life綴り ~風の光・花の音~

 身近な草花や、詩や音楽や美術展、日常事やハートで感じるスピリチュアルな話題等、幅広く織り混ぜて徒然に記します。

再移転の可能性、これぞネットサーフィンというものかしら? 「追記有り。」

 

 

aohanaaikon2-311月も終わろうとしているのに、こちらは異様な程の暖かさです。

(エアコン利用はおかげで節減できていますが。)

このような状態で、今年の冬は、一体どんな冬模様になるのでしょうね?

  

 

さて、

はてなに移転して、早くも一か月半が過ぎます。

そろそろ落ち着いて記事を書ける頃?と思いたいところですが、

 

 

このほど逆の結論が出つつあります。

再移転です。

 

 

FC2で初めてブログをスタートして、ココログへ、そして常時SSL化を目的に、はてなへ移動して、次に再移転となれば、

選択肢は、残り一択しかありません。ワードプレスへということになりますね。

 

 

再移転の理由は、

「はてな」は「はてな」でとても良いブログサービスと思います。が

どうも相性ということも有るかもしれません。

 

と理由はともあれ、

再移転への流れだけは、どうやら始まってしまっている気がします。

 

 

10月にHatenaに移転して、また移転・・・、

この流れ、急流すぎて、自分的にはきついのですが、

変化の流れは起きてしまうと、

乗るしかないかなと思う面もあり、

 

やむなく今ワードプレスへの移転のことを調べ始めています。

いつごろまでに?とかはまだ未定です。

 

 

今年はこういう変化の年だったのだろうか?

 まるで、これぞネットサーフィンというものだったりして・・・。

 

 

 今後の移転の可能性を見越して

先ずは、はてなスターを非表示にさせていただきます。

すでにスターを入れて下さった方、嬉しかったです。

有難うございます。(^^*

 

 

 

 

aohanaaikon2-3移転はすぐではないのと、移転してもバックグランドが変わるだけで、

ドメイン(アドレス)は変わらない予定ですので、

またどうぞお立ち寄りください。

今後とも宜しくお願いします。

 

 

 

と、今日は短くお知らせでした。

 

 

 ------------------------------

 

追記:(12月12日)

 

 

ブログの再移転は確実の見込みとなってきました。

が、現状の私にはワードプレスは難しく、それなりにレッスンが必要です。

 

 

ほぼ、ぐっすり眠っている感の、お眠り脳(ーー;をたたき起こして勉強し、

今のところは全くもって手ごわいワードプレスを何とか使いこなせそうになるよう、頑張ってみます。

 

ある程度、仕組みなど判ってきてから、実際の移転作業になるかと思いますが、

来年一月末までに移転完了が出来るかどうか?

 

年末年始のこともあり、今のところ不明ながら、

そのあたりを一応の目安にしたいと思っています。

 

 

移転予定に伴い記事は少ない方が良いので、

ここでの記事更新はこれにてお休みさせていただきます。

 

 

 

何度もご訪問下さいます方々、

こんな風でちっとも安定しないで、ごめんなさいね。

 

 

 

早いですが

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋ボストン美術館の最終展を写真で偲ぶ 「ハピネス・明日の幸せ・平安を求めて」

 

 

この記事は 前記事 の続きになります。

前記事から間が空きすぎて、我ながら忘れてしまいそうですが、(苦笑)

自分の覚えのつもりで書き始めたのですから、頑張って書き終えますね。

 

 

先ずは、すでに閉館して今は無き、

名古屋ボストン美術館に、

写真で入りましょう。

nagoyaboston1

 

この外階段を上るほど健脚ではない私は、

nagoyaboston2

 

こちらのエスカレータで上ります。^^

 nagoyaboston3

 

ここに出ると、

右エスカレーターでさらに上ります。

nagoyaboston4

 

3階インフォメーションロビーです。

チケットを買ったり、ミュージアムでグッズを買ったり、

手荷物を預けたりしま・・・した。

(過去形が正しいのですね、寂しいですが。)

 nagoyaboston5

 

展示室は4F・5Fで、エスカレーターで上ります。

エスカレーター続きですね。(笑)

 

 

 ◇  ◆  ◇  ◆  ◇

 

  

では展示室に入りましょう。

この最終展「ハピネス」を、ごく一部ですが写真で振り返ってみます。

 

happiness1

 

名古屋ボストン美術館の最終展は、

古今東西の人間が求めてきた、

ハピネスー幸せの有り方、心の平安を求めて

が、主なテーマとなっていました。

 

 

絵画、写真、彫刻、装飾品など多岐にわたる世界各国の美術品から、

「ハピネス」のテーマに沿って、選び展示されていて、

初出展のものも幾つか有り、なかなか興味深かったです。

最後ということもあり結局3度足を運び、

そして3度目は閉館式まで見届けたことになります。

 

 

下画像は 配布パンフレット からの転載です。

 

happiness2

スコット・プライア:1983年「ナニーとローズ」

 

日曜の朝にサンルームで部屋着のまま寛ぐ作者の妻と愛犬。

日常のスナップ写真のような一枚です。

 

淡いブルーで表現された朝光が

見る側にも染みわたってくるようで、

静かで穏やかな心地の良い絵に思え、しばし見入りました。

 

 

同じく日常の一こまを描いたミレーの未完の画です。

happiness3

ジャン=フランソワ・ミレー作:1874年「裁縫のお稽古」

 

この頃ミレーはすでに体調を崩していて、この絵は未完です。

(翌年1月没)

室内で母子が寄り添い裁縫のお稽古をする日常の様子。

柔らかな日差しが見える窓が中央に描かれているのは、

病中の視点での何かしらの希望が託されているでしょうか?

 

 

日常の一こまの江戸版です。

happiness4

喜多川歌麿:1802年頃「本読み」

 

膝に寄り掛かる子供と母親、

江戸人の家庭内の一こまですね。

着物が重そうなので、寒い季節なのだろうか?

 

 

祈り

 

happiness5

 踊るシバァ神 1800年頃

 

 

happiness6

 西山芳樹:江戸時代「白衣観音図」

 

 

happiness7

紅綸子地松鶴波亀模様打掛 江戸時代19世紀前半

 

松と波の地模様の上に鶴と亀が刺繍されています。

幸せへの願いを縁起模様に込めた、婚礼の打掛のようです。

 

 

My独り言:

古今東西で、人々は、

諸々の幸せを祈り願い、形や言葉に込め託し、求めてきた・・・・。

そして、

幸せだったのだろうか?

幸せとは?

 

 

happiness8

ジム・ダイン:「ザ・ワールド(アン・ウォルドマンのために)」

1971-72年

 

作者はハートの形をモチーフに、絵画、彫刻、版画等で現代ポップアートを創り出しています。

この発想には何かしら意表を突かれたような気がしました。

こういう使い方も有りなのだ・・・と知った次第で。(笑)

 

 

 ◇  ◆  ◇  ◆  ◇

 

 

振り返りのご紹介はこの辺にします。

名古屋ボストン美術館のHPはまだ存在していますので、

詳しくはHPの方でご覧くださいね。

 

 

 幸せって何だろう?等、良い意味で考えさせられもするような・・・幸せ・平安がテーマの最終展が企画されたのは、

もしや馬場館長さんの思いだったのでしょうか?

図録を読んでいると、そんな気が・・・・・。

 

その館長さんの、閉館に寄せての俳句です。 作:馬場駿吉氏 出典:ハピネス展図録より 

 夢に夢重ねて20年の秋 

 

 

 

 kuroba3 幸せって何?など、アートを通して問いかけながら、

名古屋ボストン美術館は閉館しました。

 

20年間、有難うございました!! shine2shine2

 

 

 

 

 

ityou11 ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

足跡代りに下記ボタンのどれかをクリック応援いただけますと、

励みに成ります。(*^_^*)

 ↓

web拍手 by FC2

  

  -- © 2016年  Life綴り ~風の光・花の音~  --

 

閉館を惜しみつつ、名古屋ボストン美術館の閉館式の様子など。

 

 

f:コスモスイラスト33 日に日に秋が深まります。

 

もう先月になりますが、

10月8日に20年の幕を閉じた、

名古屋ボストン美術館の閉館を惜しみつつ、

少し書き残しておこうと思います。

 

 

 ◇  ◆  ◇  ◆  ◇

 

 

美術館の閉館後の、5時30分からの30分間、

簡略ながら、閉館式が行われ、

大勢の来館者が、閉館、を見届けました。

 

式は短い時間ですが、セレモニーらしく、

司会の女性の進行に沿って、弦楽器の演奏、

名古屋ボストン美術館と米国ボストン美術館の両館長のご挨拶、

花束贈呈、写真撮影、両館長の退場と続きました。

 

式の会場

(写真が良くないですが・・・。)

名古屋ボストン美術館閉館式1

 

 各メディアの写真撮影に応じる両館長さん

 名古屋ボストン美術館閉館式2、お二人の館長

 (85歳になられる馬場館長さま、長い間、お疲れ様でした。

 

最後のご挨拶に並ぶスタッフの女性たち

名古屋ボストン美術館閉館式3、スタッフの方々

 

写真がどれも暗い画面になってしまって、

手振れもしてるし、

すみません・・・というか。(^-^;

 

 

illust569  近場で、交通の便が良く、

落ち着いた静かな環境は居心地も良く、

途中からはメンバーズ会員となり、

開催される各展覧会の度に、何度も足を運んだ美術館です。

 

その美術館の、

1999年の開館から20年後の閉館まで見届けることになるというのは、

なかなか滅多にない経験であり、

親しんだ美術館だからこそ、

閉館式は、それなりに感慨深いものがありました。

 

 

◇  ◆  ◇  ◆  ◇

 

 

下写真は閉館直前の展示室入り口を通路側から。

常は撮影禁止ですね。

でも、この日の閉館間際には、

展示室内に入らない範囲で、通路での記念撮影が許可されていました。

館内は撮影禁止と思い、カメラはロッカーの中でしたので、

急遽ガラケーで、写しました。^^

 

展示室内では各メディアの撮影が行われていて、

その説明が入り口右に掲示されています。

展示室入り口1

 

画面中央に見えるのは映像モニタです。

展示室入り口2

在りし日の、

名古屋ボストン美術館の中の雰囲気が、

少しでも伝わるでしょうか?

 

 

通路に張りだされた来館の方たちの、

手書きのメッセージカード。

20年間、有難う! がいっぱいです。

手書きのメッセージカード1 

手書きのメッセージカード2

思い思いの、ありがとう、が続きます。

手書きのメッセージカード3

 

 

チケット売り場のある3階インフォメーションロビー。

左はロッカールーム、

右はこの日、最後の記念品を買おうと混み合ったミュージアム。

最終展「ハピネス」の図録は売り切れとなっていました。

私は大分前に買い済みで。(*^_^*)

インフォメーションロビーで

 

 

 

 長くなりますので、分けます。

その2に 続きます。

 

 

 

 最終展となった「ハピネス 明日の幸せを求めて」は、

2018年7月22日の記事でも、ご紹介させていただいています。

 

 

 

 

 

ityou11 ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

足跡代りに下記ボタンのどれかをクリック応援いただけますと、

励みに成ります。(*^_^*)

 ↓

web拍手 by FC2

  

  -- © 2016年  Life綴り ~風の光・花の音~  --

 

ブログ移転後のひとり言ぶつぶつ。

 

kikyo3ココログからHatenaに引っ越しして

 

早12日が過ぎます。

引っ越しのご挨拶の記事以降は何も書いていないのですから、

仕方ないのですが、

 

アクセス0が何日も続き・・・・・、何やら寂しく。

 

こういうことは

ココログでは無かったことで、

はたしてこの引っ越しは、良かったのかなぁ~? と。← 今ここ。

 

 

◇  ◆  ◇  ◆  ◇

 

 

常時SSL化(HTTPS)にするために、

Hatenaとワードプレスを調べ始めたのが、9月21日金曜の夜から。

3連休の入り口の日です。

 

あれやこれやと調べて

ワードプレスが長期的に良さげに思えましたが、

現在自分のHPの更新もままならないでいるのに、

サーバーを借りてセキュリティや云々の管理が出来るのかな?ということで、

結局、ある程度整っているHatenaにしました。

  

Hatenaに決めてからは移転の作業や設定あれこれで

目を凝らし続けて、

約2週間・・・・・・・・。

やっとのことで移転完了し、ご挨拶が出来たのが、10月14日。

 

 

どっと疲れが出ましたね。

特に目が・・・・・・。(苦笑)

 

 

◇  ◆  ◇  ◆  ◇ 

 

 

サイト運営に欠かせないアクセス解析は、

グーグルアナリクスは少々難しいので、アクセス解析研究所のを導入。

 

(※ちなみに、ココログのアクセス解析はそこそこ優秀と思いますよ。

アクセス解析だけで比較するなら、

はてな <<< ココログ でしょうか。(^-^;

 これからお世話になるのにHatenaさん、すみません。 )

 

 

で、はてな用に導入したのが、これ。

宣伝なしで無料で使えるということで決定。

アクセス解析研究所

 

 

なかなかシビアな解析です。

解析を見ると、

ロボットらしいアクセスは有るようで、その点は良いのですが、

他、つまり人間のアクセスは、

(移転直後に、どれどれ?と見に来てくれた友人ら以外は、)

ほぼ無い状態なのです。 

笑えるほど0続き・・・・・・。笑ってる場合なのか???

 

 と、悩ましい現在ではあるのですが、

 しかしま、移転のリスクは多少は覚悟のことですし、

当面、待ちます。

 

 

出来れば淡々と、あくまでもマイペースで、

ゆっくり書きたい時に、書きたいことを書く、という

自分流のスタンスで行ければと思っております。

 

とはいえ、

少しは気になりますけどね、

アクセスとか・・・・・うふ、やっぱ人間ですもの。(^_-)

 

 

 

 

ityou11 ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

足跡代りに下記ボタンのどれかをクリック応援いただけますと、

励みに成ります。(*^_^*)

 ↓

web拍手 by FC2

 

    --  © 2016年  Life綴り ~風の光・花の音~  --

 

ブログ移転のご挨拶です。ココログからはてなへ & 「Not Found」と表示される件で。

 

 

木漏れ日の中の彼岸花

higanbana1

 ~ フォト: 壁紙村 様より ~

 

秋の気配になりましたね。

今日はブログ移転のご挨拶です。

  

 

illust569 このほど、

グーグル社から推奨されている常時SSL化という目的で、

「ココログ」から「はてな」に

記事とドメインを移転しました。

 

記事は公開済と下書き保存分を合わせて全部で70数件と少なかったので、

移転するなら今のうちと思い、

(ココログが不満だった訳ではありませんが、

SSL化の予定が現時点では無かったため、)

先月末に移転を決め、一気に作業をしました。

公開記事は整理して51件まで減らし、

画像の移動はそれなりに手間でしたが、

しこしこ地味作業で何とか完了。(汗)

  

 

で、ドメイン(ブログアドレス)が

http://www.78blumen.com/ から

 ↓

https://www.78blumen.com/ となります。

(httpの後ろにsが付きます。&

 緑の鍵型の安全マーク、も無事に付いていますね。ヤッターヽ(´▽`)/)

 

 

★★ もし「お気に入りに保存」などして下さっている場合は、

httpの後ろにSの付いた新しい方で保存し直していただけますと、嬉しいです。

(ただリダイレクトが効いていますので、httpのままでも大丈夫です、

けれど、せっかくなので・・・・・という範囲で。^^)

 

 

 

illust569 ところが、ここにきて

うっかり大きな見落としに気付きました。

 

記事ごとのURLの末尾の数字の部分がココログ仕様と「はてな」仕様とで違っているのですね。気付きませんでした。

全記事で末尾の文字が変わり、個別URLが全て変わってしまいました。

そのため、すでに検索上に登録されている記事は、

検索画面上でクリックしますと、

----------------------------

Not Found

お探しの記事は見つかりませんでした。

----------------------------

となります。

(※実際には記事はあるのですが、末尾のURLが変わったために

見つからなくなったという一時的現象と思われますが、

今後どうなることやら、私にも判らないのです。

 

 

ウーム、わざわざ独自ドメインを使っているのは、

ブログを移転してもURLを変えずに記事も移転できるように、

というつもりだったのですが、こういうオチになるとは・・・・。Σ( ̄ロ ̄lll)

 

 

 ウムウム・・・・(汗)(涙)、ですが、

ま、記事が少ないことを幸いに、この部分には触らずにほっておくことにします。

1,2か月もすれば、各検索上でもきっと新しいURLに切り替わるだろう・・・?

と半ばあきらめ気味で、でも期待し・・・・・。(u_u。)

 

 

 (このことで当分の間は現時点ではほとんどの記事が、

検索上でタイトルがあっても上記のように表示がされない不具合となります。

何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m)

 

 

◇  ◆  ◇  ◆  ◇

 

  

illust569 と、お引越しのご挨拶でした。が

9月下旬にブログ移転を思い立った途端に一気に動き出した自分に、

実は少々驚いています。

この勢いが、また、ブログを書くということそのものが、

なかなか時間が取れないこと等があって、

気持ちの維持が難しく感じるこの頃で、

はたして続けられるのかどうか? 若干不安はあります。

 

 

が、とりあえず今止めようと思わないのであれば、

先ずは常時SSL化という気がかりを払しょくし、目先も変えて、

(今回のお引越しはその両方の目的があり)

 

続けられるだけ続けてみようと・・・・・、← 今ここの状態です。

 

 

 

ということで、

 

もうしばらくは、このMyブログは継続しそうですので、

更新頻度が何しろゆっくり過ぎではありますが、

 

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 下記にあります「拍手」ボタンは、

FC2提供のものを、ココログで記事ごとに設置したものですが、

古くからお付き合いいただいている方々に親しんでいただいていますので、

当面継続することにします。

 

 

 

ityou11 ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

足跡代りに下記ボタンのどれかをクリックいただけますと、励みに成ります。

 ↓

web拍手 by FC2

 

 --  © 2016年  Life綴り ~風の光・花の音~  --

 

ブログ移転予定のお知らせ

 

 

コスモスイラスト11 秋めいてきましたね。

 

 

今日は、事務的なお知らせです。

 

かねてから気になっていた、グーグル提唱の常時SSL化に、

このブログも対応して行きたいと思い、移転をすることにしました。

 

遅くとも10月の末までに移転完了することを目処に、

それに伴なう諸々の技術的なことを、調べ始めています。

 

 

URLは変わらず、http末尾にSという文字が付くようになるはずですが、

(http:// → https://)

その場合に必須となる「リダイレクト」ということが、はたして上手くゆくのかどうか、

やってみないと判らない面があり、

目下、真剣調査中です。

 

 

無事に移転が完了しましたら、 

新しいブログ席で、ご挨拶させていただきますね。

 

 

ということで、いつもの事ではありますが、

またまた当分、ご無沙汰になります。

 

 

新しいブログ席で再びお会いできますように・・・・・、

ごきげんよう。クローバーミニ・アイコン

 

 

 

 

 

 

 

ネット上にブログやHPを運営維持する意義や気持ちが消えそう。(常時SSL化問題等)

 

  

ラベンダーイラスト 猛酷暑の夏は、

そろそろ終わりと思いたいですが、どうなのでしょう?

秋がひたすら待ち遠しい日々です。

 

暦上では盛夏はもう過ぎたはずの8月末を、

皆様いかがにお過ごしでしょうか?

 

 

‥…━━━☆・‥…━━━☆・

 

 

ところで、グーグル社のセキュリティ強化のための方針で

常時SSL化(常時暗号化)というのが急がれる状況のネット界となっています。

このブログでお借りしているココログさんは、

その予定が今のところ全く無いそうで、

対応が遅れているブログサービスの一つとなっているようです。

 

早々と対応済みとなっているブログサービスはいくつか見受けられますので、

そういうところにまたお引越しをすべきかどうか迷います。

 

 

もしお引越しをするなら記事は少ない方が良いわけですので、

ここでの更新そのものが躊躇われます。

 

 

My旧ブログ(Ayaの徒然お便り)は、お引越しの予定がなく、

その上、SSL化はすでに済んでいるブログサービスのため、

当面の間、旧ブログの方で、記事更新をするということも、今思案中です。

あるいは戻るかもしれません。

 

 

常時SSL化が必要なのは、MyHP(Harmony of irises)も、であり、

そちらはサーバー移転となる可能性が有り、頭が痛いところです。

 

 

何にしても、SEO対策や、

現在直面している常時SSL化問題などで、

グーグルなどへの対応に、

以前から時間とエネルギーを取られ過ぎる気がしていて、

ネット上に自分のサイトやブログを維持するということの”意義”が今、

自分の中で問われています。

 

正直、グーグル等へのSEO対策自体が私には難しく、

長年一人で調べ調べしながらやってきましたが、

なにやら疲れたなと・・・。

 

 

(もともとIT分野のことを研究するために、

HPやブログを持っているのではないので、

その関連のことで頭を悩ますのは、

どうも本末転倒というもので、

IT関連の調べ事をしていると、

自分はいったい何をやっているのだと、思うことも有り・・・・。)

 

 

 

先の方針はすぐには決まりそうになく、

ブログ自体を止めてしまう訳ではないと思うのですが、

(その可能性も、0ではなく・・・)

 

 

ここでの記事は、今までも少ないのですが、

当面は一層少なくなる可能性は大で・・・、

 

 

と、ブログ継続の意義や気持ちを失いかけている私ですが、

それでも、たまにでも覗いてやって下さったら、

嬉しいです。

 

 

 

 

が、

 

  

追記:

 

やはり、しばらく当ブログから離れます。

HTMLやCSSやタグやグーグル対応やSSLやらetc・・・、

開けば飛び込むIT用語の数々、頭が受け付けなくなっています。

ごめんなさい。

 

皆様どうぞ良き日々を・・・・・。

また戻る日まで、ごきげんよう。o(_ _)o

 

 

 

  

 (※ココログでの記事です。このまま10月に移転しました。)

  

 

 

f:id:hositohana:20180927203830g:plain ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

足跡代りに下記ボタンのどれかをクリックいただけますと、励みに成ります。

 ↓

web拍手 by FC2

 

   -- © 2016年  Life綴り ~風の光・花の音~  --

 

江戸人の暮らしの息遣い 鈴木春信展「名古屋ボストン美術館」にて

 

 

10月8日に閉館が決まっている名古屋ボストン美術館。

僅か20年での閉館は残念でなりません。

 

 

この名古屋ボストン美術館での、

”鈴木春信展”は一月で終了していますが、

現在は福岡市博物館で開催中です。(8月26日まで)

 

個人的にはとても魅力的な展覧会で、

魅了され、3度も出かけました。

(で、その感想が今頃?と遅すぎですが、

記事書きかけのまま、時がどんどん過ぎ・・・。(^-^;;)

 

 

鈴木春信展パンフレット表絵「梅の小枝を折り取る男女」

鈴木春信展 パンフ表:「梅の小枝を折り取る男女」

(1766年(明和3年)絵暦)

解説:右側に桃の一枝を手折ろうとする若衆、

左側にその様子を振り返るように見つめる娘が描かれ、

初々しい恋の予感、と。 

 

 

鈴木春信(1725~1770)は

錦絵創始期の第一人者として知られる浮世絵師です。

絵師としての活躍は10年余りの短い期間で、

絵師として人気絶頂の頃、病にて急死しています。

 

主題は若い恋人たちや、母と子、さりげない日常、

古典主題から発想された見立て絵、などで、

人物は柔らかな線で描かれ、

細い手足、何気なさげな動き、

どの絵にも見られる着物の繊細な揺らぎは特徴的で、

室内の様子であれば部屋の匂いや物音さえ聞こえそうで、

またどの絵からも、温かで穏やかなまなざしが感じられます。

 

 

(画像は配布パンフレットからの抜粋です。)

 鈴木春信:五常「智」

 五常「智」 1767年(明和4年) 

 

色鮮やかな錦絵です。

日常の中に見られる知性と教養。

 

五常は儒教による、人が常に守るべき徳目のことで、

絵は「仁・義・礼・智・信」の中の”智”とされる。

 

 

 

鈴木春信:「寄菊」

「寄菊」夜菊を折り取る男女

  1769-70頃(明和6年―7年頃)

 

 

 その画面は一見

甚だ清楚にして乱雑ならず、

常に軽く軟かき感情を与ふ。

----永井荷風【江戸芸術論】「鈴木晴信の錦絵」

 ~「名古屋ボストン美術館ニュース」2017NO62より~

 

↑見事に言い得ているかと・・・・。

 

 

鈴木春信:夕立

夕立 1765年、明和2年 (絵暦)

 

 

鈴木春信:見立孫康

見立孫康 1765年 明和2年 (絵暦)

 

絵暦は絵の中に暦が隠されています。

それを読み解くのが、江戸人の粋か・・・・・。

 

 

鈴木春信:浮世美人寄花

浮世美人寄花 笠森の婦人 卯花

1769年(明和6年)

明和の3美人と呼ばれる中の一人、

お仙が描かれています。

 

 

鈴木春信:八つ橋の男女(見立八つ橋)

八つ橋の男女(見立八つ橋)

1767年(明和4年)

伊勢物語の第9段「東下り」が想起される見立て絵です。

 

 

鈴木春信:風流江戸八景 駒形秋月

風流江戸八景 駒形秋月

1767年 明和5年

 

 

 

絵はどれも画面が小さいです。

江戸の人々はこれらの錦絵を手に持ったり、

土壁などに張ったりして楽しんだのだろうか?

当時の暮らしの様子に思いが行きます。

 

 

そうして窺い知れるのは、

江戸民衆の文化意識の高さや、

知的な遊び心を粋に持ち合わせた教養の高さ、

生活の質の良さのようなこと・・・・・・・・、

大江戸の文化資質に、舌を巻きます。

 

 

春信の浮世絵はほとんどが海外に有るため、

国内で、これだけまとまった数の展覧会を見られる機会は、

滅多にありません。

今回の展示の国内巡回は、現在の福岡が最後となっています。

興味があって、福岡に行かれそうな方、

この機会をお見逃しな~く。^^ 

 

 

 

 

 

f:id:hositohana:20180927203830g:plain ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

足跡代りに下記ボタンのどれかをクリックいただけますと、励みに成ります。

 ↓

web拍手 by FC2

 

  --  © 2016年  Life綴り ~風の光・花の音~  --