心・回想・独り言

2018年1月28日 (日)

散歩か徘徊か?  雪の精?に手を引かれて。

 

 

外出中に雪が降り始める。 Ico_snow01

振ったり止んだりの淡雪程度であるけれど、

傘やコートは一時的にせよ、みるみる白くなる。

 

休日の日中のことであり、

着込んでいて、さほど寒くもなかったため、

帰りに近隣徒歩圏の範囲で、少し遠回りをして歩くことにする。

 

歩くといくつかの個人商店の前を通る。

よく行く店も有る。

よく行った店も有る。

 

店主が亡くなり、閉店しているところも何軒かある。

シャッターが閉まったままであったり、

あるいは建物が取り壊されて、一旦更地となり、一般住宅がすでに建っているところもある。

 

 

そういうところを見ながら歩くと、

お店をされている当時の、笑顔の挨拶が思い出されたりする。

あの人も、アア あの人も・・・・・・・・・と。

 

こちらに居なくなった人達のお顔、笑顔、挨拶の声、

買い物がてらの短い会話・・・・・。

 

 

去来する様々・・・・・・・・ああ人生というか。

 

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 

 

この町に住んで18年目になる。

僅か18年で、ずいぶん人が変わっている。

亡き人、新しい人・・・・・・。

 

 

自分もいろいろあった、

いろいろなことを体験しながら、

内的に、もちろん外的にも、変化してきている。

良かったことも、そうでもない事も、振り返れば本当にいろいろ・・・・・。

 

 

けれど取りあえず、何とか平穏無事に暮らしている。

 

もしやこれって凄い事かも、

平穏無事こそ、奇跡と言うし。

 

 

 

このところ、暮らしの中が何かと騒々しく、

日々への感謝が薄らいでいたかな?と、ふと思う。


 
 

感謝とは、全てへの無条件の受容であるとも言われる。

善きこともそうでないことも、悲しみも喜びも含めて、と。

 (常には出来ずとも究極的な意味で。)

 

 

善きこともそうでないことも含めて、感謝が、そして

すべてを価値判断なしに祝福さえも、が出来たら・・・・・・、

あるいは、何もかもを無条件の慈愛で包むような視点というかに、

成れ、その状態に自然体で在れたら・・・・・・・・・、

 

 (現状では諸々無理!と思う面、多々有るけれど、)

 

それこそ神々というもの・・・・・・・・・。 

 

 

けれど、そういう視点、あるいは、そういうハートに、

 

 

いつの日か成りたいものだと、

 

 

頭のほんの片隅で、希望と言うほどでもなく、

微かほのかに、思いつつ、

 

 

はらはら降る雪の中を、夕暮れまで、ただ歩き回った。

 (そういう感じも、雪はめったに見られない地域の住民としては、

  たまには良いもので・・・・。^^ )

 

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 

 

と、これはセンチメンタルな乙女チックな散歩なのか、

はたまた徘徊なのか?

 

 

いやいやきっと、

雪の精にでも 、手を引かれて、心が彷徨ったのじゃろ。 ^^; Ico_snow03

 

 

 

 

 

Ico_icho1 ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

足跡代りにクリックいただけますと、励みに成ります。(*^.^*)

web拍手 by FC2

 

 

 ---  © 2017年  Life綴り  ---

2017年9月19日 (火)

幸いと焦りのひとり言

 

 

Ico_susuki2_2不足や不満や辛さの方に、

心は動かされやすく、

捉われやすいものであるけれど、

 

ふと振り返って”幸い”を、

ひとつひとつ挙げてみれば、

それはそれで多々、重ねれば山となるほどに、

有る。

 

ささやか過ぎて、見えなかった幸いも、

探してみれば、

結構いろいろと、各シーンから出て来る・・・・・・・、

 

それらが合わされば、意外と大きな幸い感に成る。

 

 

 

何の気なしにか、

そうした幸い感を、咽るほどに感じることが、

このところ増えている気がする。

が、反面、

 

 

それらの”幸い”に、

自分は報いてきたのだろうか・・・・・・・・・・・・・?

 

などと、思うと、

身が震え、焦ったりする。

 

 

 

多々有る、有りすぎる、

自分が至らなかったこと、悔いや失敗、

やり残したこと、やれなかったこと、

悲しみ、

挫折や・・・・・・・。

 

 

 

けれどお構いなしに、猛スピードで過ぎてゆく日々・・・・・・・・。

 

 

これで良いのだろうか?

このままで良いのだろうか?

 

 

 

残りの期間はさほど長くはないかもしれない。

 

今ここに、今世と言う時間枠で

与えられている人生の残りの期間に、

 

何が出来、

何をすべきか?

 

 

最近よく考える。

 幸い感と焦り、反省感など諸々が混然と混じりつつ・・・・・・・。

 

 

 

歳か? (^-^; shine

 

 

 

 

 

 

Ico_icho1 ・・・ ~ ご訪問を有難うございます。 ~ ・・・ 

足跡代りにクリックいただけますと、励みに成ります。

web拍手 by FC2

 

 

 

 

 ---  © 2017年  Life綴り  ---

2017年6月20日 (火)

ガラス窓に並ぶ白い紙の花模様   忘却のはるか向こうから

 

 

私の幼い頃、

日本はまだ高度成長前期で、急ピッチの戦後復興の只中でもあり、

多くの家庭が貧しく、

生活品も、現在とは比べようもなく、乏しかった。

そのため創意工夫は主婦の知恵の出しどころでもあった。

 

 

そんな当時の窓ガラスのガラスは脆く、

強風で小石が飛んで来たり、子供が遊んで何かをぶつけたりして、よく割れた。

 

倹約が大事であった当時、割れた窓ガラスをその都度変えることはなく、

(よほど酷い場合は別として、ちょっとした破損程度なら、)

母はこんな風にして応急処置をしていた。

 幼い頃の記憶の窓

170619002

ガラス窓の、割れたガラスの上に並ぶのは、

白い紙の花模様・・・・・・。

 

 

ガラスの割れた部分を張り合わせているのは、当時は一般的だった障子紙。

障子紙は丈夫な和紙であることから、手軽なガラス修理にも使われたのだろう。

 

 

紙に模様が付いていたことも有った。

それは千代紙や何かの包装紙だったのかもしれない。

包装紙だったとしても、紙一枚、むやみに捨てることはなかった時代である。

綺麗な包装紙であれば、なおさら大事に再利用しただろう。

 

 

窓ガラスのこうした光景はご近所や町のあちこちのお宅でもよく見られた。

貼り方や紙の切り方(形)を工夫して、見栄えを、主婦たちは意識したらしい。

通常は紙を小さく四角に切ってガラスの割れ目に沿って貼るのだったが、

母はそれではつまらないからと言って、花の形に切っていた。

花は季節によって、梅であったり、菊であったりしたが、

大体が円状形の花であった気がする。

チューリップや菖蒲といった縦型の花は登場しなかったような。

 

 

白い障子紙に、色や模様の付いた紙が有ればそれも使って、

色柄の取り合わせも工夫していたようだった。

母にとって、割れた窓ガラスの修理はささやかなアートだったのかもしれない。

 

 

紙貼りに使う糊は残りご飯であった。

ご飯を糊状にして使い、固まればカチカチになるのであるから、丈夫な糊の出来上がりである。

 

 

窓枠を嵌めこんだ土壁の窓枠付近は、雨風の影響からか、ひびが入っていた。

建てつけも悪かったのか、ガラスの窓は強い風が吹けばカタカタ鳴っていた。

 

 

このような窓の様子がいつ頃までのことだったのかは記憶がない。

いつの間にかこうした窓は見なくなった。

(おそらくは、どこかのタイミングで修理をしたのだろうと。)

 

 

 

忘却のはるか向こうから、

貧しげであるものの、若かりし頃の母の手作業のぬくもりのある、

”窓ガラス”の映像が、

心にふいにやってきたのだった。shine

 

 

 

 

Ico_icho1 ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

足跡代わりにクリックいただけますと、励みに成ります。(*^.^*)

web拍手 by FC2

 

 

 

--- © 2017年 Life綴り  ---

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

HP

旧ブログ

ブログランキング

  • ブログランキングに参加しています。下のバナーのどれかをクリック応援いただけると嬉しいです。
    m(_ _)m ↓ ↓

     

     

     





ソーシャルボタン

アマゾン検索

  • どのジャンルも検索出来ますので、お気軽にご活用下さい。

書籍: チャネリング・宇宙

PR

著作権等に関して

  • ご訪問有難うございます。
    当ブログ内の画像等、記事内のコンテンツの無断転載、及び直接リンクによる他サイトへの転載は固くお断りします。
    尚、素材集様から提供いただいた写真・イラストについてはサイドバーに記載の各素材集様へ各自でお問い合せください。
    詳しくは、 著作権などに関しをお読みください。

アマゾン・ウィジェット

  • お好きなキーワードで自由に検索なさってご活用下さい。

フォームメーラー

  • メールフォームをお借りしています。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
無料ブログはココログ

Blogオーナーへ連絡

FF ana

F ana

p ana