« 2018年1月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年2月

2018年2月11日 (日)

「シャガール三次元の世界」展  名古屋市美術館にて。

 

 

名古屋市美術館で現在開催中の、

「シャガール三次元の世界」展を観てきました。

シャガール展としては、各美術館で企画開催されることが比較的多く、

これまでも何度か観てきているので、もう良いかな~と思いつつも、

行ってみれば、それなりに見応えがあり、発見もあります。

結局、寒風の中、防寒しっかりしつつ、出かけて良かったです。(*^_^*)

 

 

(各画像はクリックで拡大出来ます。)

180231_2

パンフ表絵 

 「誕生日」 1923年  油彩

シャガールの誕生日に、恋人(結婚前の妻ベラ)が

花を抱えて彼の部屋を訪れたときの様子が表現されています。

シャガールが、恋人たちを描く愛の画家として、

画風や知名度が確立して行った過程の、初期代表作の一点ですね。

 

パンフ画面右上の彫刻 

「ふたつの頭部と手」 1964年 大理石

上の絵から頭部が立体にして再表現されています。

 

 

~パンフレットより~ 

本展は、この作家のあまり知られていない彫刻と陶器などの立体作品を、まとめてご紹介する日本で初めての試みです。
約170点の出品作品のうち、3分の1が彫刻と陶器、それ以外は馴染みの深い絵画や素描、版画といった構成です。
シャガールが立体作品に取り組むのは晩年ですが、三次元への意識はごく初期の作品にも見られます。
絵画と彫刻、平面と立体が、この作家の中でどのように意識され、作品化されていったのか、その制作の秘密に本展は迫ります。

 

 

 

180232

パンフ裏

「黒い手袋」 1923年-48年 油彩

「逆さ世界のバイオリン弾き」 1929年 油彩

「振り子時計のある自画像」 1947年 油彩

「空想の動物」 1952年 石膏

「散歩」  1961年 陶土

左下 ブロンズ作品を仕上げるシャガール写真

 

 

シャガールの創造力は、枯れない泉・尽きない泉が体内に在るかのようです。

高齢になってもなお尽きることなく湧き出るかのような創造性、制作意欲には、

圧倒されるものがあります。

 

 

ロマンチックな幻想的な絵が得意とされるイメージのシャガールですが、

この人自身がロマンチックな人物かどうかは判りません。

辛辣な毒舌家の側面もあったそうですし、

絵には(特に後年の絵には)深い屈折感も横たわっている気がします。

 

が、妻を愛し、また支えられもしながら育んだのだろうか、そのロマンス感が、

初期には彼の創造性の大きなインスピレーションとなり、

後々まで題材として、あるいは後年には(たとえば舞う花びらのように)

絵の中の欠かせないモチーフともなっていったようです。

 

 

最初の妻の急死の後、シャガールはしばらく絵筆が持てなくなっています。

やがて画業に復帰した後に、お手伝いに来てくれた女性が後年の妻となり、

シャガールを終生支えています。

シャガールにとって妻とは、暮らしの伴侶であると同時に、創造の女神でもあったのかもしれません。

 

 

ポストカードからチョイス。↓

180208

ハダサ病院付属ユダヤ教会堂のステンドグラス

「レビの一族」のためのヴァリアント 1960年-62年

墨・グワッシュ、和紙

 

シャガールは旧約聖書の題材にも多く取り組んでいます。

 

 

 晩年のシャガールが墨や和紙を多用していることは驚きですが、

その墨を画材としてもたらしたのは、あの本田宗一郎氏だそうです。

意外なところで日本との接点がありますね。

 

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

 

絵、焼き物、彫刻など、質・量が適度で、(多過ぎず少な過ぎず)

(好き嫌いはあるでしょうから私感では、)充分楽しめました。

 

 

と、ざっとご紹介まででした。

 

 

会期の残り日数はあと僅かです。

興味をお感じの方、お見逃しなく・・・・・・。clovershine

 

 

 

 

 

Ico_icho1 ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

足跡代りにクリックいただけますと、励みに成ります。(*^.^*)

web拍手 by FC2

 

 

 

 ---  © 2017年  Life綴り  ---

2018年2月 1日 (木)

5555の数字メッセージ  示唆と励まし?



5555

この数字がビジョンでパッと浮かび、その後、連続して、

まるで念を押すようにPC画面上で、

そして外でも、同じ数字を見ることになりました。

昨夜の皆既月食のその前夜と当日の朝にかけてです。

 

意味ありげに思い、調べてみました。

ドリーン・バーチューさん著書の「エンジェル・ナンバー」より

 


これは、変化、変容、変性、そして錬金術に関連する数字です。あなたの人生の中の何かが良い方向へ変わったか、変わろうとしています。

 

55
あなたは大きな、人生におけるプラスの変化をとげている(もうすぐとげる)ので、シートベルトをしっかり締めてください。もう上手くいかないものは手放して、それが癒され、あるいはより良いのものに置き換えられることを受け入れてください。

 

555
重大な変化と意義深い変化が訪れています。サナギから飛び出し、あなたに本当にふさわしい、驚くべき人生を発見するチャンスがあります。

 

 

ロナハーマンさん著書:「アセンションのためのワークブック」では

 

555
聖ジャーマインにこの数字を彼の象徴として理解するように依頼されました。
この理由は、加速度的な変化が起きる今と言う時代において、いかに紫色の炎が重要であるかを私たちに思い出させるためであるということでした。
毎日10分か15分、少なくとも2回、変容の不可思議な紫の炎を自分自身に引き寄せて、それから世界に向けて放射することは、重要な奉仕活動になります。

 

 

 

言葉のフィーリングでは5555は日本語読みではゴーゴーゴーゴー
となります。

GOであり、また言葉の響きが、

第3チャクラである太陽神経叢に働きかけられるという気もします。

太陽神経叢は錬金術を司る大天使ラジエルの守備域でもあります。

の錬金術という言葉と繋がりそうです。)

 

 

これらを合わせると、

何かしらの変化変容への合図と受け止めることができそうなのと、

変容の紫の炎での感情などの浄化への示唆や、

また

私自身が正月以降一月の間ずっと気重が続いていましたので、

気力や明るさやポジティブへの、気持ちの転換への働きかけと受け止めることも出来そうです。

 

 

 

これら、どのように捉えるのか自分勝手な推測解釈にすぎませんが、

正月以降、沈みがちだった気持ちを立て直し、

前に進むよう、背中を押された気が、気のせいか、します。

そうだと思うことにして、ありがとうございます。

 

 

 

ちなみに5を4回足すと20になり、数秘術では2と読めます。

2 を「エンジェル・ナンバー」では

信じる心と勇気をもってください。あなたの祈りはまだ見えなくても、形になりつつあります。

 

 

ドリーンさんの言葉はいつもながら優しく、ふと心を和ませてくれます。

ふと和んだ心には柔らかな風も通るようで、

明日に向かう気持ちを明るくしてくれるようですね。clovershine

 

 

 

参考図書↓

 

 

 

 

 

 

 

 

web拍手 by FC2

 

 

 ---  © 2017年  Life綴り  ---

« 2018年1月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

HP

旧ブログ

ブログランキング

  • ブログランキングに参加しています。下のバナーのどれかをクリック応援いただけると嬉しいです。
    m(_ _)m ↓ ↓

     

     

     





ソーシャルボタン

アマゾン検索

  • どのジャンルも検索出来ますので、お気軽にご活用下さい。

書籍: チャネリング・宇宙

PR

著作権等に関して

  • ご訪問有難うございます。
    当ブログ内の画像等、記事内のコンテンツの無断転載、及び直接リンクによる他サイトへの転載は固くお断りします。
    尚、素材集様から提供いただいた写真・イラストについてはサイドバーに記載の各素材集様へ各自でお問い合せください。
    詳しくは、 著作権などに関しをお読みください。

アマゾン・ウィジェット

  • お好きなキーワードで自由に検索なさってご活用下さい。

フォームメーラー

  • メールフォームをお借りしています。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
無料ブログはココログ

Blogオーナーへ連絡

FF ana

F ana

p ana