« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月21日 (火)

抒情の風景、吉田博・木版画展を観て。感想その2です。 「グランドキャニオン」等 

 

 

ご訪問有難うございます。

この記事は前記事の続きになります。

 

 

吉田氏の木版画は、浮世絵として日本で発達した木版画技術を、

独自の視点で洋画風に、またより味わい深い表現へと発展させたもののようです。

 

  (以下の画像は配布パンフレットより)

1702yosidahirosi71

  「穂高山 大正15年 1926年」

水の作家とも評されているそうで、水が生きています。

大気が澄みきっているのも伝わります。

 

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜

 

 

展覧会の帰りに、図録の代わりに、

(図録は特に制作されていませんでしたので。)

現在巡回中の生誕140年展の記念で出版されていた作品集を買ってきました。

 (下にご紹介します。)

 

あいにく、この作品集では、万単位の高価版ではない本向けの印刷の限界なのか、

80回90数回と擦り重ねらた木版画の色彩の深さや

陰影の微妙さなどは見られません。し、

濃淡も平面的になり、木版画独特の味わいも薄らいでしまっています。

が、水彩や油絵も含めて初期の頃からの絵をトータル的に見渡せるという点で、

吉田氏の絵をあまり知らなかった私としては、買って良かったです。

 

そしてこの本で見知ることとなった初期の水彩がまた素晴らしく感じます。

明治の時代の日本の日常の風景がたぶん有りのまま、しかし

何と抒情的な表現でしょうか。

絵という、まるで詩のようです。

水彩の風景画で、このように抒情的な表現が成されている絵を、

(私の少ない知識の範囲内のことになりますが)他に知りません。

 

本の中にその魅力を言い得ている文章がありました。

 

日本独特の湿った空気感が魅力

 吉田博の2度にわたる渡米時に、新聞各紙で賞賛されたり、
美術愛好家たちの購買欲をそそったりした彼の作品の魅力は、
一言でいえば”大気の効果”である。

日本独特の湿った空気や霧にかすむ風物、自然の繊細さなどを詩情豊かに描き出した作品に人気が集中した。

 ~ 吉田博作品集 37頁 ~

 

 

吉田博氏は親戚中から片道分だけの旅費を借り受け、

友人画家の中川八郎氏と共に、明治32年9月(氏23歳)にアメリカ丸に乗り込み、

自費によると渡米を決行しています。

当時の事情では、周りの人たちと水盃で別れを告げての、

まさに決死の覚悟の渡米だったようです。

が、そこで待っていたのは予想もしなかった思いがけない幸運で、

持参した水彩画がデトロイト美術館の館長の目に留まり、

展覧会が申し出され開催されると、絵は売れに売れる大成功となり、

それはその後の米国内での活動へと続き、また潤沢な活動資金を二人に

そして後続の仲間達にも、もたらすことになったようです。

 参考: 名古屋ボストン美術館内、吉田博経歴説明

 

 

明治開国後の当時の日本は、

浮世絵や工芸品などの美術品が続々と海外へ放出されている時代でもあり、

米国の美術愛好家の人たちにすれば、未知であってもおそらくは興味のある神秘の国・日本だったのではないだろうか・・・・・・・、

その国から唐突にやってきた若者が持参した絵に、

叙情豊かに描かれている日本の風景が、

どれほど魅力的で新鮮に映ったのか、想像に難くない気がします。

 

 

絵は抒情的でも、

氏の行動は旧藩士の出生らしい武士の魂とも言うようなものを感じますが・・・・。

心は若き獅子のようだった?のかもしれませんね。

 

 

私もまた、この木版画展で惹かれたのは

そこに描かれている明治から昭和初期にかけての

有りのままのしかし抒情豊かに描かれた日本の風景でした。

(この点は、明治時代に日本からやってきた二人の若者の絵に魅了されたデトロイトの美術愛好家の人々と、もしや似た視点なのかもしれません。)

 

そこには、すでに失われた日本の文化、風物や暮らしの様子も見られ、

後年からみれば、美術作品であると同時に、写真の少ない時代の貴重な歴史資料にもなるのではないかしら?とも感じました。

個人的には両親の幼い頃、祖父母や曾祖父母たちが見たかもしれない風景があるようで、

自分はそこに居ないとしても、何かしら懐かしさも感じつつ観入りました。

 

 

展覧会では、海外での写生による作品も多数展示されていました。

1702yosidahirosi21

 「グランドキャニオン 大正14年 1925年」

絵が云々より、大正という時代に、あのグランドキャニオンで、

2週間近く泊り込んで写生をした日本人が居たということに、

先ずもって驚きました。(^-^;

 

 

* 名古屋ボストン美術館での

吉田博・木版画展の会期は今月の26日までです。

お近くの方是非どうぞ・・・・。

 

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜

 

 

会場で図録代わりに私が購入した「作品集」は下記です。

印刷にあいにく多少の不満はあるものの、トータルでは気に入りました。^^

ご紹介まで・・・・。

 

 

 

 

Ico_icho1 ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

足跡代わりにクリックいただけますと、励みに成ります。(*^.^*)

web拍手 by FC2

 

 

 

   --- © 2016年 Life綴り ---

2017年2月19日 (日)

抒情の風景、吉田博・木版画展を観て来ました。 (その1)  「東京拾二題 亀井戸」等

 

 

現在、千葉から東京までの5か所の巡回で

「生誕140年 吉田博展」が 開催されています。

 (2017年2月現時点は久留米市美術館で開催中。)

 

名古屋ボストン美術館で開催の吉田博・木版画展はそれとは別ですが、

おそらくは巡回展に時期を合わせたと思われます。

17yosidahirosi11

 パンフレット表紙絵

  「瀬戸内海集 「光る海」 大正15年 1926年」

 

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜

 

 

木版画のみの展示で、展示品はすべてMOA美術館からの借り入れだそうでした。

 

明治の画家、吉田博氏については、

恥ずかしながらあまり知りませんでしたが、

出かけてみれば、なんと奥深く抒情溢れる絵世界でしょうか。

 

版画展ですので、版画のみですが、

しっかりした写生に基づく、まるで絵画のような木版画です。

 

( 当時の画壇の中心だった黒田清輝を中心とした画会と対立した別の画会の

その中心人物だったようですね。黒田氏を殴ったとか?の武勇伝?も有るようです。)

 

 

80回90数回と擦り重ねられた木版画は、

木版画特有の温かさが基本的に在る上に、

独特の奥行と深さを湛え、

非常に細やかで繊細ながらも、芯の強い妥協なき表現がされているのが見受けられます。

  (以下の画像は配布パンフレットより)

 

1702yosidahirosi51

 「富士拾景 朝日  大正15年(1926年)」

 (写真はクリックで少しですが拡大できます。)

朝の富士裾野の様子です。

この写真では判りにくいですが、

夜明けの空気感、水の冷感、小さく描かれた民家の中に有るだろう人々の寝息や息づかいまで伝わってくるようでした。

 

 

17yosidahirosi14

 「東京拾二題 亀井戸  昭和2年 1927年」

写真では色が呆けていますが、

淡い藤紫で表現されている藤の花が満開の中、人々が集う様子、

水の動き、花の香り・・・

全てが今生きているがごとくです。

 

 

同じく、春の日差しに桜の花が一面に香るがごとく・・・・・・。

1702yosidahirosi31

 「櫻八題 弘前城 昭和10年 1935年」

櫻を前面に描いているところが特徴的です。

 

 

氏の得意分野は、ご自身でも明言されているように山岳を中心とした風景写生にあるようですね。

 

妥協なき写生を通して結実していっただろう作品群は、

お人柄でしょうか、品のある誠実さも見られ、

味わい深いものとなっています。

 

 

とても惹かれるものを感じて魅入りました。

2度足を運びましたが、まだ観足りない思いがします。

まだ一週間会期がありますので、時間が取れたらまた行くかもしれません。あるいは

油彩や水彩も観たくなりましたので、巡回展の東京会場に行きたくなりそう・・・・。

 

 

と、今日はここまでにします。

この記事は、その2に続きます。

 

 

 

 

 

  --- © 2016年 Life綴り  ---

2017年2月11日 (土)

平凡の温かさ

 

 

やっと・・・・・・・・・・、

霧の中から抜け出たかな~?

詳しくは控えますが、一つのブログを破棄という形で自分から切り離すことになった、ブログ事件とでも言いましょうか、

その心理ショックから、少々時間がかかりましたが、立ち直ってきた感が、します。

 

霧の中から抜け出たなら、後は青空と信じて歩いてゆきましょう。

 

 

ここは新しいブログ席です。

このブログ席にしばらくお世話になることにしました。

 

 

このブログ席では、

用意されているテンプレートデザインが万人向けに使いやすいよう作られているせいか、

また、少々古いこともあってか、なんとなく時代遅れ感や平凡感もどことなくあったりもします。 (私感ですのと下記に続きます。)

 

ですが、

この平凡感がまた良いなと思えます。

何かしら居心地が良く、温かささえあるようにも感じられます。

 嵐の後にはことに平凡感は有り難いのかもしれませんが。

 

 

一月は嵐のような一カ月でした。

無事に抜けたことに、

そして今、平凡だなと思える時間を迎えたことに、先ずは感謝かなです。

 

 

お帰り、私さん、

嵐対策に忙しく、外ばかりを見ていて、

内なる私のところに帰って来られませんでしたね。

 

 

今日は雨雪、 と出る言葉もまた平凡ですが、

その平凡がささやかに嬉しい今日の私でした。 snow

 

 

 

 独り言つぶやきです。

他者様には意味不明だろう内容でありますことは、ご了承ください。m(_ _)m

 

 

 

 

 

--- © 2016年 Life綴り  --- 

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

HP

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ブログランキング

  • ブログランキングに参加しています。下のバナーのどれかをクリック応援いただけると嬉しいです。
    m(_ _)m ↓ ↓

     

     





ソーシャルボタン

バックナンバー表示方法

  • 下の「バックナンバー」文字クリックで、 全年月分が表示されます。

アマゾン検索

  • どのジャンルも検索出来ますので、お気軽にご活用下さい。



Rakuten

書籍: チャネリング・宇宙

フォームメーラー

  • メールフォームをお借りしています。
    SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

著作権等に関して

  • ご訪問有難うございます。
    当ブログ内の画像等、記事内のコンテンツの無断転載、及び直接リンクによる他サイトへの転載は固くお断りします。
    尚、素材集様から提供いただいた写真・イラストについてはサイドバーに記載の各素材集様へ各自でお問い合せください。
    詳しくは、 著作権などに関しをお読みください。

Blogオーナーへ連絡

無料ブログはココログ

FF ana

F ana

p ana