2017年7月10日 (月)

光の柱を立てる & カラフルなオーブ写真  「ハートの贈りもの」様動画、他ご紹介

 

 

光の柱

 

画像を見、音楽を聴きながら、

もし心地良かったら、その心地良さに浸って、

癒されてみませんか?

 

画像の光の柱は「ハートの贈りもの」のナルデコさんのご自宅に現れたそうです。

 (信じる信じないはご自由にね。皆様のハートの声で。)

 

https://www.youtube.com/watch?v=bjss8PpvYvk

   転載ハートの贈り物様より。

 

 

カラフルなオーブ達

見ていると楽しくなります。

  転載: ハートの贈り物様 ヒーリングオーブより

 

上記ヒーリングオーブの頁には個別写真も掲載されています。

 

(オーブかどうか単に光加減による偶発的現象だと思うも思わぬも、ご自由にね。

なるべくなら、常識に基づく判断というのは一時でも脇に置いて、

そして出来れば無邪気心で、楽しんでみませんか。)

 

 

 

Illust569_thumb スピ系でお友達になっていただいているこの方も、

ご自身の撮影によるオーブ写真をブログで発信していらっしゃいます。

→ ロージーさんのブログ 「天使のエナジー」 様

 

(ロージーさんはご自分の意志で、ご自身に合う方法で、

地球へ”光の柱を降ろす瞑想”を日課にしていらっしゃるそうで、

素晴らしいことと思います。^^

いつも拝見しています。(^^)v)

 

 

 

と、いくつかを短くご紹介まででした。420

 

 

 

 

 

Ico_icho1_2 ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

クリックいただけますと、励みに成ります。

web拍手 by FC2

 

 

 

 

--- © 2017年 Life綴り  ---

2017年7月 9日 (日)

奇妙な静止感に戸惑い・・・・。 バシャールを参照してみました。

 

 

昨年6月の撮影です。(手持ちのカメラで。)

1506ajisai34

 

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 

 

奇妙な感覚です。

 

真っ白な空間に居るような・・・・・・・・・・・、

でもそこには何もなく、

全てが静止している・・・・・・・・・・・・・・。

 

最近このような感覚に襲われる(?)ことが度々有り、

自分の居場所が判らなくなったような、

いやいやそもそも自分が居なくなったような・・・・・・、

何とも空虚でもあるような・・・・・・・・・・・・・、

前後右左の感じも消えている気もして、

 

 

戸惑い、

 

 

時には、自分はアルツかも?と思ったり、

認知症に似た鬱かも?と思ったり、

 

 

するけれど、

 

 

もしや、この感じが全部ではないけれど一部該当するかも・・・・。

 

貴方は常に変化する存在です。

貴方の波動スピードは加速し続けていて、

常にスピードアップしているのです。

そして現在では今まで見た事もないほどのスピードがあるにもかかわらず、

私たちの多くはスピードを感じ取る事が出来ていません。

その一つに、徐々にスピードを上げてきた事、それからこの速度に慣れてしまっている事が理由です。

 

それと、もう一つ異なる理由があります。

気分はむしろ良いけれど、まるで何処にも動いていないような、

一箇所にいるような、そんな感覚を覚える事があるかもしれませんが、

それはある波動域のあるフレーム内に入る事で、

”違い”を比べる事ができなくなる事が原因です。

つまり波動スピードが”ある位置”まで上昇した時、

貴方の周囲も貴方と共に動き出すので、

スピードを比べる対象がなくなります。

よって、まるで一箇所にいるような、

そんな感覚を覚える事があるというわけなのです。

ですから、貴方の意識が無限大のスピードで拡張し始めると、

まるで”静止状態”でいるような感覚を覚える事になるでしょうと、

バシャールは説明しています。

 

  転載元 : スターシード達へ 「バシャール:波動スピード」

 

 

もし、上記のバシャール説が私が感じている感覚のどの部分かに該当するならば、

同じように奇妙な静止感の感じに戸惑われている方は、

大勢見えるかもしれませんね。

 

もちろん感覚の事ですから、同じようにかどうかは、判りませんが。

(それにまた、感覚は複雑な要素が絡むことがありますので、

上記に該当する面があったとしても、一概にそれだけとは言えないかと。)

 

 

あるいは私、本当に頭、

あるいは五感が、変なのかしら?

 (戸惑いは怖れの反映・・・・・・。)

 

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 

 

とは言うものの、とりあえず忘れて、(笑)

美術館に行ってこようと。

静かに鑑賞する時間は、私にとっては大切な心のビタミン補給と癒しです。

し、また

その時間は心の整理整頓のためのハートスペースとも成りますしね。

さて、ふむふむ、どこに行こうかしら?

意外と楽天的な私の、本日日曜日の一人つぶやきでした。(^_^) clover

 

 

 

 

Ico_icho1_2 ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

クリックいただけますと、励みに成ります。

web拍手 by FC2

 

 

 

--- © 2017年 Life綴り  ---

2017年7月 8日 (土)

メタタグの重複問題、改善するかな?  親身に考えて下さった方に感謝。

 

Tanabataillust

七夕を、皆様はいかがにお過ごしでしたか?

 

 

こちらは幸い晴天ですが、

九州の方はいかがなのでしょう?

 

ニュースで流れる集中豪雨による九州北部の被害状況は、

絶句するばかりですが・・・・・・・・・・・・・。

 

皆様の安否が気がかりです。

お一人でも多く方がご無事でありますように・・・・・・・。

 

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

 

前記事の続きになりますが、

グーグル・サーチコンソールで、

ほとんどの記事が「メタタグの重複」となってしまう問題は、

あいにくまだ解決はしていませんが、

 

原因を自分でもいろいろ調査しつつ、

ココログユーザーによる「助け合い掲示板」でもSOSをしたところ、

お一人の方が

ブログソースの分析などを親身に寄り添うように手伝ってくださり、

おかげで、

もしや?解決に向かうかも?というところまで来ました。

まだ結果は出ていないので、これで解決となるかどうかは判らないのですが、

 

やれることは全部やったつもりですので、

このまま、しばらく様子を見ることで、落ち着きました。

 

解決となることを

期待、期待、期待です。

 

 

結果はまだですが、

ココログ「助け合い掲示板」で、親身にサポートして下さった方に心から感謝です。

ブログソースを徹底的に調べるのは、とても面倒なことですから、

ユーザー仲間というだけの見ず知らずの他人のために、

なかなか出来ることではありません。

このような面倒なことを丁寧に手助け下さり、本当に有り難く、

心強かったです。

 

心からお礼申し上げます。

有難うございます。m(_ _)m

 

感謝を込めて、その方のブログをご紹介しますね。

充実したブログ内容の、ココログの大先輩です。^^

 

 

 

いつもながらですが、どこかで誰かに何かの形で助けられています。

目に見える見えないどちらにしろ、何らかの形で一人ではない・・・・・・・・・、し、

当たり前に思える日々もまた実は決して当たり前ではありませんね。

今、無事普通であることに、感謝です。club

 

 

 

 

 

Ico_icho1_2 ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

クリックいただけますと、励みに成ります。

web拍手 by FC2

 

 

 

--- © 2017年 Life綴り  ---

2017年7月 2日 (日)

サーチコンソールのHTMLの改善メッセージにお手上げ

 

 

昨年の写真です。

1506ajisai
 

 

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

 

ブログやホームページをお持ちの方はある程度ご存じでしょうが、

グーグル社から、

ネットに公開している自分のウェブサイトの分析のための

「サーチコンソール」というのが公式提供されています。

 

私も、ネット関係素人なりにあれやこれやと調べて、

現在三つのサイトを登録しているのですが、

その内の一つである、このココログだけは、

常にHTMLの改善へのメッセージが出続けます。

記事はやっと10記事を超えたばかりの程度なのに・・・・・・・・・・、

良くないとされる「メタタグの重複」が、このほとんどの記事が対象となっています。

 

 

が理由がさっぱり判らず、もうお手上げ状態というのが正直なところです。

 

 

最後の手段を一つしてみましたので、

( 重複とならない記事(2記事だけですが)と、成る記事の違いを自分なりに調べ、

これかも?と思うことを実験的にしてみました。)

これでも駄目なら、もうもう・・・・・・・どうしようか?

またまたブログをお引っ越ししてしまうのも有りかも・・・・・・・・・・・・。

 

 

思えばFC2は楽でした。

何の異常も出ませんでしたしね。

同じように普通に記事を書くだけなのに、どうしてFC2では何の異常もないの?

同じようにしているつもりですが・・・・・・、

こうなるとほとんど不思議で・・・・・。(u_u。)

 

 

ココログをお使いの他の方は大丈夫なのかな~?

 

 

膨大なユーザー数が有るはずですので、他の方は何事もないとしたら、

それが変でなりません。

 

 

きっと、私の使い方側に何らかの原因があるのでしょうが、

それが判らず困っております。

 

 

ココログの助け合い広場にも皆様の状況を聞いてみようかな?

↑今ここです。(^-^;

 

 

 

 

 

--- © 2017年 Life綴り  --- 

2017年6月23日 (金)

笑顔を有難う。 小林麻央さんへ

 

 

Illust567_thumb

素敵な素敵な笑顔と、

前向きな爽やかな言葉、

思いやりや優しさなどのハートの”宝物”を、ブログ上に遺して、

女神のような方は、逝ってしまいましたね。

 

 

ブログを拝読するたびに

毎回新たな、清々しい”気付き”を、いただく思いがしていました。

 

闘病の中、明るくブログを綴って下さって、

本当に有難う・・・・・・・・。

 

 

もうブログの更新が無いなんて、信じたくないような・・・・・・・。

 

 

急なご出発、残念です。

悔しいですね~。

 

 

小さなお子さんたちのことを思うと胸が詰まります。

 

 

旦那さん(海老蔵さん)もご立派な対応でしたね。

とてもとても温かな、ご家族の絆・・・・・・家族愛・・・・・・。

感じ入ります。

 

 

ブログをとおして最後まで発信し続けて下さった素敵な笑顔に、

感謝を捧げつつ、

 

ご冥福と、

ご家族の皆さまのお心の回復を、心からお祈りします。shine

 

 

 

 

 

 

--- © 2017年 Life綴り  --- 

2017年6月20日 (火)

ガラス窓に並ぶ白い紙の花模様   忘却のはるか向こうから

 

 

私の幼い頃、

日本はまだ高度成長前期で、急ピッチの戦後復興の只中でもあり、

多くの家庭が貧しく、

生活品も、現在とは比べようもなく、乏しかった。

そのため創意工夫は主婦の知恵の出しどころでもあった。

 

 

そんな当時の窓ガラスのガラスは脆く、

強風で小石が飛んで来たり、子供が遊んで何かをぶつけたりして、よく割れた。

 

倹約が大事であった当時、割れた窓ガラスをその都度変えることはなく、

(よほど酷い場合は別として、ちょっとした破損程度なら、)

母はこんな風にして応急処置をしていた。

 幼い頃の記憶の窓

170619002

ガラス窓の、割れたガラスの上に並ぶのは、

白い紙の花模様・・・・・・。

 

 

ガラスの割れた部分を張り合わせているのは、当時は一般的だった障子紙。

障子紙は丈夫な和紙であることから、手軽なガラス修理にも使われたのだろう。、

 

 

紙に模様が着いていたことも有った。

それは千代紙や何かの包装紙だったのかもしれない。

包装紙だったとしても、紙一枚、むやみに捨てることはなかった時代である。

綺麗な包装紙であれば、なおさら大事に再利用しただろう。

 

 

窓ガラスのこうした光景はご近所や町のあちこちのお宅でもよく見られた。

貼り方や紙の切り方(形)を工夫して、見栄えを、主婦たちは意識したらしい。

通常は紙を小さく四角に切ってガラスの割れ目に沿って貼るのだったが、

母はそれではつまらないからと言って、花の形に切っていた。

花は季節によって、梅であったり、菊であったりしたが、

大体が円状形の花であった気がする。

チューリップや菖蒲といった縦型の花は登場しなかったような。

 

 

白い障子紙に、色や模様の付いた紙が有ればそれも使って、

色柄の取り合わせも工夫していたようだった。

母にとって、割れた窓ガラスの修理はささやかなアートだったのかもしれない。

 

 

紙貼りに使う糊は残りご飯であった。

ご飯を糊状にして使い、固まればカチカチになるのであるから、丈夫な糊の出来上がりである。

 

 

窓枠を嵌めこんだ土壁の窓枠付近は、雨風の影響からか、ひびが入っていた。

建てつけも悪かったのか、ガラスの窓は強い風が吹けばカタカタ鳴っていた。

 

 

このような窓の様子がいつ頃までのことだったのかは記憶がない。

いつの間にかこうした窓は見なくなった。

(おそらくは、どこかのタイミングで修理をしたのだろうと。)

 

 

 

忘却のはるか向こうから、

貧しげであるものの、若かりし頃の母の手作業のぬくもりのある、

”窓ガラス”の映像が、

心にふいにやってきたのだった。shine

 

 

 

 

Ico_icho1_2 ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

足跡代わりにクリックいただけますと、励みに成ります。(*^.^*)

web拍手 by FC2

 

 

 

--- © 2017年 Life綴り  ---

2017年6月16日 (金)

墨色の富士と色とりどりの花々   リサ・ロイヤルさんのオンラインセミナー「宇宙の集合意識へのコンタクト」で

 

 

久々に、シンクロニシティ・ジャパン(株)様による、

リサ・ロイヤルさんのUSTREAMオンラインセミナーを視聴しましたので、

今日はそのことを少し。

( ※ チャネリングセミナーです。)

 

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・

 

 

エネルギーが強かったのかしら?

リサさんによるチャネリングが始まった途端に睡魔と闘うことになり、

結局、ほぼ睡眠状態で、

最後の誘導瞑想に至っては、全くの熟眠状態と相成りました。(^-^;

 

幸い、そんなこともあろうかと、録音していましたので、それを聞き直して、

(録画ではないので画面はありませんが、)

ようやく内容が呑み込めてきた次第です。

 

宇宙の集合意識、パラレルワールドやカルマについて等々、

興味深い内容でした。

ただ1時間半の短い時間に詰め込まれていることもあってか、

ことばの捉え方等少し判りにくい点もあり、また日を改めて聞き直してみようと。

 

 

◇  ◆  ◇  ◆  ◇ 

 

 

リサさん&チャネリングされたプレアデス・サーシャさんのエネルギーの影響なのか、

それとも単に偶然なのか、判らないことですが、

睡眠中(正しくはセミナー中、(笑))美しい夢を2度ほど見ました。

2度とも短い瞬間夢なのですが、同じパターンだったため印象に残りました。

小さなことですが、一応記録。

 

小川のような流れの中を、自分が水であるかのように流れています。

澄みきった空気感、きらきらした水の輝きを周りに感じています。

遠くに”白黒映像”で、山が・・・・・・よく見ると富士山です。

色を抑えた日本画のような・・・・・・・。

静寂と、なんという気高さ!

と感じると同時に、はっと目覚めました。

 

セミナーは続いています。

眼を開けて視聴しようとしましたが、また睡魔で眠ります。

 

するとまた自分が水になっているように流れています。

小川の感じ、澄みきった空気感、

きらきらした水の輝きは先と同じです。

流れの向こう側に今度は色とりどりの花園が見えます。

豊潤なイメージ、ああ美しい!と感じると同時に、またしてもハッと目覚め、

眼を開けて再びセミナーを視聴しようとしましたが、またすぐ眠り、

以後は熟眠モードでした。( ̄▽ ̄;)

 

(夢は、心の奥に仕舞われていた何らかのイメージがふっと浮かんだのだろうか?

墨色の富士の気高さと、色とりどりの花々の豊潤さ・・・・・・・・、

イメージが対になっているところが、意味ありげに思えなくもないですが、

何にしろ、気持ちの良い美しいイメージで良かったです。^^)

 

 

◇  ◆  ◇  ◆  ◇

 

 

セミナーの内容は、私がここに書くよりも、

シンクロニシティ(株)様はUSTREAMセミナーを

ユーチューブ動画にも置き換えて公開されていますので、

今回の分もいづれ公開されるかと推測します。

それをご覧になった方がリアルかと・・・・・・・。

 

 

どんな感じなのか、すでに公開されているものを、下記にリンクご紹介します。

お気が向かれたらご覧ください。

※ 宇宙系ですので、UFOや宇宙人がお嫌いな方は止めておいてね。^^

それにまた、こうしたことは常にそうですが、丸信じは止めましょうね。

 

 

【古代からのコンタクトの傷を癒す】リサ・ロイヤル

2016年 2月 USTREAMセミナー録画。

https://www.youtube.com/watch?v=DQ19YA04G0A

 

 

『ニュー・ライトボディ』 リサ・ロイヤル

2013年2月USTREAMセミナー録画。

(2012年以降の、とてつもなく早いエネルギーシフト、

そして第4密度に対応した新しいライトボディについて。)

https://www.youtube.com/watch?v=3Z9jjYStFRg

↑このセミナーは私も視聴していましたので、

ユーチューブで改めて見ると懐かしいです。

 

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・

 

 

ちなみに、リサ・ロイヤルさんは、

下記のような宇宙系の本の著者です。

堅苦しさや重々しさがなく、読みやすい方ではないかと。

ご紹介まで。

 

 

 

 

Ico_icho1_2 ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

クリックいただけますと、励みに成ります。(*^.^*)

web拍手 by FC2

 

 

 

--- © 2017年 Life綴り  ---

2017年6月15日 (木)

保存記事の移転を始めました。

 

 

昨年8月に
ココログで新ブログを立ち上げて、トータルでは約10カ月になりますが、
スタートして間もなく、あいにくトラブルのため一旦休止し、アカウントも削除し、
(該当ブログは記事だけ保存し、ブログ自体は削除しています。)

 
その後、新アカウントを作成し、今年2月からこのココログで再スタートした経緯があります。

 

 

このブログで落ち着くことを期待し、
保存してあった記事を、少しずつですが、こちらのブログに移転を始めました。

 

前年度分は移転記事になります。

 

 

無かったはずの古い記事(昨年8月~12月)が、唐突に出現する格好になりますが、
ご了承くださいませ。

 
(移転記事は記事下部にその旨を記すことにしました。)

 

どうぞ宜しくお願いします。m(_ _)m

 

 

 

 

 

  --- © 2017年 Life綴り  ---

2017年6月12日 (月)

満月の日に花に寄せて   初めてのホスティングエンジェルを経て

 

 

古い写真です。2013年1月の満月です。

1706121

 自宅付近から

 

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・

 

 

5月17日からの5日間の、

初めてのホスティングエンジェルで感じることは多々ありました。

多かった分、整理もつかず、シャアもどんどん遅れました。

 

 

プライベートでは今年は正月早々からトラブルや事故までが相次ぎましたので、

せっかく廻ってきたホスティングエンジェルの期間は、

ひたすら平穏を意図し、天使たちにそのサポートを願いました。

おかげで幸せな気持ちでこの5日間を過ごすことが出来たと思います。

 

が一方ではいつの間にか視野の変化?らしきことが起きていて、

あまり知らなかった分野の情報が、洪水のように押し寄せてきて、

私の頭と心の処理能力を超えてしまい、

一時は収拾がつかないような混乱状態になっていた節もあります。

混乱はホスティングエンジェルを終えた後の方が強かったかもしれません。

そしてそれは6月始め頃までずっと続いていた気がします。

 

(ホスティングエンジェルって何?については、また後日の記事で書かせていただきますね。

後回しでごめんさなさい。)

 

 

6月に入りようやく次第に落ち着いてきましたが、

落ち着いて来た視点の落ち着き場所では、すでに新しい現実が始まっている気がします。

といっても具体的に何が変わったとかではないのですが、

どうやら視野が(説明は上手くできませんが、)どこか違っている気がしています。

 

 

この落ち着きを取り戻すためのアンカー

(意識面の重り、または、糸の切れた凧を呼び戻す引き綱と言ったら良いかしら?)

としての役割となってくれたのが、

前記事の花鋏の一件ではなかっただろうかと、振り返ると思えます。

 

私の手元に来てくれた鋏は、鋼素材の日本の伝統的造りものです。

まさしくアンカー的な気が・・・・。

それにまた、鋏を買い換えることになった背後の理由には、

迷い等の余計な心の動きを断ち切る意味も、

暗示的に込められていたのかもしれないと、思えば思えます。

 

 

◇  ◆  ◇  ◆  ◇ 

 

 

この件で花鋏を一緒に選んでくれたお花達は、

このホスティングエンジェルの天使を迎えるお道具のひとつとして用意したお花達です。

お花はご近所のお花屋さんに、イベントに使いますとお伝えして、

長持ちしそうなのを選んで、

ホスティングエンジェルの初日となる5月17日夕方に届けていただいたものです。

お花屋さんの推薦の長持ちお花はスプレー菊です。

 

 

たっぷりの量がありましたので、一部をホスティングエンジェル用のセットに

残りを家中に飾り、その後、何と3週間以上も元気に長持ちしてくれました。

(綺麗に長持ちしてもらうために毎日水切りをし、

切花イキイキ剤も使用しています。これもお花屋さんの推薦で。)

 

 

 

ホスティングエンジェルでは、

お花はセレモニーの最後に天使を送り出した後、土に埋めて地球に帰すとなっていますが、

私の住まいはマンションのため土に埋めるような場所はありません。

で、このことは、このセレモニーを紹介して下さったY&Yヒーリングセンターのyuko様に事前に相談しています。

隣に子供遊び用の小さな公園がありますが、そこにお花を置いて行ったなら不法投棄なりますし、

穴を掘ったりしたなら不審者として通報されかねません。

なので土に帰す場所が無いということになりますが、どうしたら良いかしら?と。

 

→ 自分もマンションンで、近くに公園がありますので、その公園で、

感謝と土に帰すイメージの祈りをしてからまた持ち帰り、 お花が元気なら再び飾ります、

というお返事でしたので、それではと、その方法を採用することに。

もしそうでなかったなら、このセレモニーは条件が合わないということになり、お受けできなかったことでしょう。

 

 

そうしてそのお花達は我が家を彩り続けてくれていたのですが、

お花達が鋏選びにも貢献してくれた後で迎えた満月の日、

これがタイミングと思いまして、この日を、このお花達の最終日と決めました。

 

そして満月の夜(今月は先の9日)、お花達をエーテル界に帰すための感謝のビジュアル瞑想をした後、

茎からまだまだ元気な小花を取り分けるために、最後の鋏を入れました。

 

茎から分かれた小花は小さな容器で再度飾られています。

こちらはまだあと一週間ぐらいは持ちそうです。

 

 

◇  ◆  ◇  ◆  ◇ 

 

 

こんなに長持ちしてくれたお花たち、

これも天使たちのサポートがあったということかしら?

そういう見方も有りでしょうね。でも私としては逆の見方もしています。

お花達はもともとピュアな地上の天使です。

そしてまた、私たちと同様に形を持ってこの世界に生を育むスピリットです。

ですからホスティングエンジェルの期間とそれを過ぎた後も、

我が家を彩り続けてくれていたお花達は、このセレモニーの意味を実は知っていて、

そのサポート側として、天使を迎え、そしてまた私の心のケアで、

自ら長く生き抜いてくれたのかも?

と私らしい?見方で、勝手に想像し思うことにします。(*^_^*)

 

 

と!いうのは単に乙女チックな想像としても、(^_-)-☆

何にしろ、

長い期間、有難う。

 

お花さん達、いつだって大好きです。(o^-^o) tulip 

 

 

 

 

Ico_icho1_2 ・・・ ~ お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

足跡代わりにクリックいただけますと、励みに成ります。(*^.^*)

web拍手 by FC2

 

 

 

 

  --- © 2017年 Life綴り  ---

2017年6月 8日 (木)

花は自ら鋏を選ぶ?  「国治」の花鋏が来てくれました。

 

 

時期が戻りますが、4月下旬伊勢神宮にて 

170422003

伊勢神宮には毎年、初詣のつもりで、

1月~3月の間に出かけますが、

今年はトラブルや足の怪我等で遅れて、4月下旬になりました。

桜は散り、5月には見られただろう菖蒲の花の咲く前でした。

見られるお花は少なかったですが、神宮の木々には癒されました。

 

 

この日は晴天でした。

静かにたたずむ勾玉池とせんぐう館

170422004

 

 

すっかり時期が遅れてしまった神宮シャアが先になりました。 f(^_^) 

 

なかなかブログに向き合えない日が続いています。

書きたいことがあっても諸事に心追われる内に時が過ぎてしまいますね。

 

 

久々の今日は、

昨日到着したばかりの花鋏のことで。

 ↓

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・

 

 

20年近くにわたり私が使っている花鋏は

アルス製の園芸鋏で華道用本格花鋏とは違います。

幅7,8ミリ以上の固い枝ものは苦手の鋏ですが、ステンレス製で錆びることもなく、

鉢植えの植え替え時の伸びた根切りや、常のお花の手入れに、

時に相当な荒い使い方にも堪えて、

今も尚頑張ってくれています。

 

 

今年、断舎利のつもりで、古くなって傷みも有った花器をいくつか処分し、

代わりにこれまでと違ったタイプとして、枝ものが活けやすいとされていた花器を買いましたため、

(デンマーク、ホルムガード製 フローラというもので、

検索すると出てきますよ。)

早速、花屋さんでドウダンを買い活けようとしましたところ、

手持ちのアルス製の鋏であいにく切れない・・・・・・・(;´▽`A``

切れないということを忘れていました。

 

 

ということで急遽、枝ものも切れるとされていて値段もお安い鋏を通販で買ったのですが、

これが気に入らない。

全く気に入らない。

ドウダンは切れましたが、そういう問題ではないのだ。

 

これほど気に入らない鋏って有り!?

何がどうしてかの細かいことは省きますが、

そもそも手に馴染みません。

(一応口コミの良い評判の鋏なのですけれどネ。( Д) ゚ ゚)

 

それでも止むを得ず使っていたところ、

気のせいか、お花の方でも嫌がっている気がしてくるのでした。

 

私の手が嫌がっているのか、

それとも本当にお花達が、あるいはその精が、その鋏は嫌よと言っているのか?

真相は判りません、

気のせいと言われれば、確かにそうかもしれません。

が、そうとばかりは思えない私は、私らしく(笑)チューニングして、

一応”お花達の意見”を聞いてみることにしました。

その結果、買ったばかりだった花鋏を、再び買い替えることに。

 

 

◇  ◆  ◇  ◆  ◇ 

 

 

とはいえ、近くに刃物屋さんが無いため実物を見られず、

鋏選びはそれなりに(いささか変わった)手間がかかりました。

 

ネットで調べ、これはどう?とお花たちに聞きます。

花鋏は、再度買うなら今度は一生使いのつもりでと考えると、

そこそこ良いとされるものは数千円から上は20万もするものもあります。

華道家でもない私ですから、お高いのは駄目よと花たちに言いきかせながら、

ネットで写真をじっと見て説明も読み、

そのイメージを花に送り、これはどう?と、聞きます。

それを繰り返しました。

返事を受け取るにはペンジュラムも活用します。

 

が、どれもこれも、どうしても、お花たちからのYesGoが来ませんでした。

 

そこでデパートに行き、

近場のデパートにはどこも日本橋「木屋」が入っていますので、

その「木屋」さんに寄り、お花鋏を見せてもらいました。

手に取り、説明を聞きながらじっと見るうちに、

これ良いかもと感じる鋏がありましたが、

取りあえずはイメージを頭に入れて家に帰り、

先ずは花たちに意見を聞くのでした。

 

木屋製の鋏にはペンジュラムは首を縦に振りました。

NoでもYes Goではない。これは何?

不可解と思いつつ、

木屋のHPを調べると、

木屋ショップには売っていないはずの”国治”銘の鋏の説明が有るのを発見しました。

「国治」銘は関東では有名な鋏。

でもどこのお店でも希望のタイプのお品は「売り切れ」となっていましたし、

価格も希望予算より上回りましたので、選択肢に入れていなかったのです。

 

が!

試しに、この鋏はどう?とお花たちにイメージを送って聞くと、

初めて、お花たちが大喜びしているような気が・・・・・・・・・、

 

そこでお花の前に、ペンジュラムセットを置き、

このペンジュラムを通してはっきりお返事くださいと依頼すると

ペンジュラムが降り切れそうに大きくイエスと回るのです。

この反応はこの鋏が初めてでした。

 

でもショップに売っていないとこの時点では思っていた私は、一旦諦めたのですが、

翌日いきなり木屋本店にお電話を。

ここで木屋の本店が本格登場。

木屋製の鋏でペンジュラムが縦振りとなった意味は、この関連性に有ったのではないだろうか?

 

 

どこも売り切れとなっている鋏が

なんと木屋さんには在庫がありました。

しかも本店でのみの取り扱い商品とのことで、

デパートにもオンラインショップにも出していないのだそうでした。

 

貴店製の鋏に惹かれたのですが、どちらがおススメですか?とお聞きすると、

問題ではなく国治鋏の方が上だと。

(値段も上ですけどね。(^-^;。 単にご商売上の言?)

 

 

ウームと心で思案しつつ、

手にペンジュラムを持ち、電話器ごと花の前に行き、買い?と聞けば大きくYes。

 

発送しますか? え???と慌て、いくつか質問して時間稼ぎ・・・・・・・、

心を静めて、というか、もうやけくそで、送って下さい、着払いで。

大判風呂敷ってこのことね。後のお財布やりくりが涙・・・・(;ω;)

 

 

それが一昨日の事です。

そして昨日着きました。

 

 

◇  ◆  ◇  ◆  ◇ 

 

 

早速、試し切りすると

切れ味はスパッというより、なぜか優しい。

良く切れますが、当たりが柔らかな気が。

手にも負担が少ない。

持った感触はソフトで心地良い。

手作りらしい何とも言えない優しさが全体から伝わる・・・・・・・・・・・花鋏ってこういうもの?

お花達がこの鋏を選んだ理由が何となく判ってきた気が・・・・・・・・・・・・・、

それはこの優しさではないだろうか?

 

 

 

京都には書籍にも取り上げられている有名な鋏屋さんがあります。

もちろん他にも、日本の刀匠技術を継承した素晴らしい鍛冶職人さんが各地におられます。

そういう職人さんたちによって作られた鋏を一つ一つ手に取ってみたなら

心が震えるほど素晴らしいと感じる鋏と多々出会ったかもしれません。

値段はもっともっと張るかもしれませんが・・・・・・・・。

 

とはいえ、鋏を求めて各地を回る訳にも行きません。

簡単に出かけられる市内で実際に見ることの出来たお店が「木屋」さん。

その木屋さんでめぐり合った「国治」鋏、

私の今可能な最善のご縁なのだろうと思います。

 

 

鋏の表に銘の「国治」と、裏には扱い店の「木屋」と刻まれています。

温和な表情の素敵な鋏です。

鋏にも表情があるのですね~。

これが匠と称される職人さんの手作り品の味わいなのでしょうね。

 

 

とてもとても気に入りました。

自分の年齢からしてたぶん一生使いになるでしょう。

イメージを共有しながらこれを選んでくれたお花さんたちと一緒に、

昨日届いたばかりの鋏を眺めています。

 

 

 

始めての本格花鋏です。池坊タイプです。

大切に使わせていただきます。

 

来てくれたご縁に感謝、 

ようこそ、私の手元に・・・・・・・。

 

今後の花活けが、幸せな時間になりそうです。(o^-^o) club

 

 

 

 

Ico_icho1_2 ・・・ ~ 長々お読み下さって有難うございます。 ~ ・・・ 

クリックいただけますと、励みに成ります。

web拍手 by FC2

 

 

 

 

  --- © 2017年 Life綴り  ---

«近況を。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

HP

旧ブログ

ブログランキング

  • ブログランキングに参加しています。下のバナーのどれかをクリック応援いただけると嬉しいです。
    m(_ _)m ↓ ↓

     

     

     





ソーシャルボタン

アマゾン検索

  • どのジャンルも検索出来ますので、お気軽にご活用下さい。

著作権等に関して

  • ご訪問有難うございます。
    当ブログ内の画像等、記事内のコンテンツの無断転載、及び直接リンクによる他サイトへの転載は固くお断りします。
    尚、素材集様から提供いただいた写真・イラストについてはサイドバーに記載の各素材集様へ各自でお問い合せください。
    詳しくは、 著作権などに関しをお読みください。
無料ブログはココログ

F ana1

F ana

p ana